村上 章 理事

 村上 章

 財務、入試担当

メッセージ

 このたび、理事・副学長(財務・入試担当)を拝命しました。京都大学のために微力を尽くす所存です。

 新型コロナウィルス感染拡大の中での着任となりました。担当任務である財務、入試についてもさまざまな局面を迎え、従来通りでない運営が求められています。財務につきましては、世界経済は異次元の危機に直面して転換局面を迎え、我が国においても雇用、経済、財政が悪化する中、担当する任務の重要性と責任を再認識しました。コロナ禍において、日本の将来を担う学生の学習教育環境を護り、教職員の学術研究基盤を安定化させることが何よりも重要であり、コロナ後に向けてその取り組みを如何に発展させるかが課題であると思われます。さらに、本学の教育に関する基本理念である「対話を根幹とする自学自習」のもとで、学生が主体的に学問を深めるためのサービスを充実する支援も求められます。

 こうした状況を踏まえ、今後の戦略的な運営を行うために、第4期中期目標・中期計画期間を通じて安定的に財源を確保すると同時に、メリハリのある計画的財政運営を行うことが必要です。そのため、財政基盤となる国立大学法人運営費交付金に加えて、競争的資金、基金の拡充を目指します。

 もう一つの所掌である入試について、感染拡大防止に最大限に配慮しながら、受験生が安全・安心に受験できる場を提供し、受験機会の確保に努めます。特に学部入試は、大学が受験生、保護者、教育関係者や社会へ発信する重要なメッセージです。本学では、学力を基準とする一般選抜のほか、高校での学修における行動や成果、学部教育を受けるに相応しい能力と志を評価する特色入試を実施し、多様なバックグラウンドを持つ学生が入学しています。新学習指導要領に基づく教育課程を学修した高校生が大学を受験する時には、大学入学共通テストなどの入試も相応した姿となるでしょうが、意欲の高い高校生に本学の魅力や求める学生像が伝わるような広報活動にも注力したいと思います。

 上記のように任務にあたりたいと考えますので、皆様からのご支援とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。