量子センサ型バイオ分析チップデバイスの開発に成功

ターゲット
公開日

 小松直樹 人間・環境学研究科教授は、藤原正澄 岡山大学研究教授、ゾウ ヤジュアン 同助教、押味佳裕 同大学院生らのグループと共同で、ナノダイヤモンド量子センサの利用に適したバイオ分析チップデバイスを開発し、細胞や組織切片・線虫など様々な生体試料において、量子センサ信号を設計通りに再現性良く検出することに成功しました。

 本研究成果は、2022年5月1日、「Lab on a Chip」にオンライン先行版が掲載されました。

 ナノダイヤモンド量子センサは近年最も注目されている超高感度バイオセンシング技術の一つです。本研究によって、量子センサを利用したバイオ分析チップデバイスの仕様を確実に設計・予測した上でデバイスを作製することが可能となりました。マルチウェルプレートや流路チップ・臓器チップなどのチップデバイスで量子センサが利用可能となると期待されます。

文章を入れてください
研究のイメージ図
研究者情報
書誌情報

【DOI】
https://doi.org/10.1039/D2LC00112H

【書誌情報】
Keisuke Oshimi, Yushi Nishimura, Tsutomu Matsubara, Masuaki Tanaka, Eiji Shikoh, Li Zhao, Yajuan Zou, Naoki Komatsu, Yuta Ikado, Yuka Takezawa, Eriko Kage-Nakadai, Yumi Izutsu, Katsutoshi Yoshizato, Saho Morita, Masato Tokunaga, Hiroshi Yukawa, Yoshinobu Baba, Yoshio Teki, Masazumi Fujiwara (2022). Glass-patternable notch-shaped microwave architecture for on-chip spin detection in biological samples. Lab on a Chip.