「はやぶさ2」初期分析チーム 2021年6月より試料の分析開始

ターゲット
公開日

 野口高明 理学研究科教授(九州大学教授)、橘省吾 東京大学教授、圦本尚義 北海道大学教授、中村智樹 東北大学教授、岡崎隆司 九州大学准教授、奈良岡浩 同教授、薮田ひかる 広島大学教授らは、「はやぶさ2」初期分析チームとして2021年6月より、地球帰還カプセル内部の粒子分析を開始します。

 小惑星探査機「はやぶさ2」は2020年12月に小惑星リュウグウから帰還し、サンプルリターンに成功しました。サンプルコンテナの内部の粒子は、本年6月以降、「はやぶさ2」プロジェクト初期分析チームが1年間、分析を行い、プロジェクトの科学目標である太陽系の起源と進化、地球の海や生命の原材料物質に関する成果をあげることをめざします。

 初期分析チームは、化学分析、石の物質分析、砂の物質分析、揮発性成分分析、固体有機物分析、可溶性有機物分析の6つのチームから構成され、14カ国、109の大学と研究機関、269名が参加予定です。

「はやぶさ2」サンプルキャッチャ内の粒子((c) JAXA)。第一回目のタッチダウン時に採取されたものと考えられる。キャッチャ円筒の直径は48 mm。
図:「はやぶさ2」サンプルキャッチャ内の粒子((c)JAXA)。第1回目のタッチダウン時に採取されたものと考えられる。キャッチャ円筒の直径は48mm。

 

研究者情報