宇治キャンパス公開【京大ウィークス2021】

開催日
2021年10月15日 金曜日
2021年10月17日 日曜日
2021年11月01日 月曜日〜11月14日 日曜日
時間

「バーチャル宇治キャンパス公開」特設サイトは、11月1日(月曜日)よりご覧いただけます。
シンポジウム(10月15日)および講演会(10月17日)の開催時間については、イベント内容に記載のリンクよりご確認ください。

開催地
ターゲット
要申し込み
不要
公開日

※ 新型コロナウイルス感染症の現況により、オンライン開催に変更となりました。(2021年10月6日)

 京都大学宇治キャンパスでは、どのような人たちが、どのような活動をしているか、特設サイトにて紹介する「バーチャル宇治キャンパス公開」を実施します。また、宇治キャンパス公開の一環として、シンポジウムや講演会もオンラインで開催します。

  • 「京大ウィークス2021」の関連イベントとして開催します。
  • 新型コロナウイルス感染症の状況により、内容の変更もしくは中止になることがあります。最新の情報は関連リンクをご確認ください。

基本情報

開催地
  • オンライン

※ オンライン開催に変更となりました。
オンライン開催(特設サイト公開)

対象
  • 一般・地域の方

どなたでも参加いただけます。

参加費

無料

イベント内容

特設サイト

以下のリンクをご覧ください。(特設サイトは11月1日(月曜日)公開予定)
キャンパス公開

  • 昨年度のキャンパス公開で作成した「研究者総覧」を更新し、「宇治地区の歴史」を増補します。
  • 新作動画では、実地開催時にご覧いただく予定だった公開ラボコンテンツを映像化してお見せします。例えば、例年実施している観測用気球の放球の実演では、実地でご覧いただける空高く昇っていく気球の様子だけでなく、見学では詳しくご紹介できないデータ収集の実際の解説等を組み込むなど、映像ならではの見どころが満載です。

シンポジウム・講演会について

宇治キャンパス公開の一環として実施する「工学研究科附属量子理工学教育研究センター第22回公開シンポジウム」(10月15日(金曜日))、「エネルギー理工学研究所公開講演会」および「生存圏研究所公開講演会」(10月17日(日曜日))については、特設サイトの公開より先行して実施予定です。詳細は、上記リンクをご確認ください。

申し込み

申し込み方法

バーチャル宇治キャンパス公開:不要

シンポジウム(10月15日)および講演会(10月17日)については、申し込みが必要です。
詳細は、以下のサイトをご確認ください。
キャンパス公開

備考

留意事項

イベントに参加される際は、マスクの着用等感染拡大の防止にご協力をお願いします。

宇治キャンパスとは?

1947年木材研究所(現生存圏研究所)がこの地に移転し研究を始めました。現在、化学研究所、エネルギー理工学研究所、生存圏研究所、防災研究所など、主に自然科学・エネルギー系の研究所や研究科等が置かれており、最新鋭の教育・研究を行うラボが集まるテクノロジー開発の最先端地域です。
京都大学宇治キャンパス

京大ウィークス2021

2021年7月30日(金曜日)~11月14日(日曜日)を「京大ウィークス2021」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。
京大ウィークス2021

過去の開催の様子

宇治キャンパス公開2019「サイエンス探偵宇治支部。探そう!社会を科学で考える鍵」

お問い合わせ

宇治地区事務部研究協力課
Tel: 0774-38-3350
E-mail: kokai*uji.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)