海外へ留学する京大生向け奨学金

ここでは大学に情報が届く京大生向け奨学金を紹介します。
このほかにも多くの奨学金制度がありますので、ご自分で検索して情報収集してみてください。

参考リンク

大学を通じて応募する奨学金

  • 奨学金の応募締め切りは所属の学部・研究科によって異なりますので必ず所属の学部・研究科の窓口で問い合わせてください。
  • 応募についての詳細は所属の学部・研究科の窓口で問い合わせてください。
    なお、応募書類も窓口で手に入れてください。
派遣先 対象 奨学金名称・リンク先 内容 財団締め切り
海外の大学 栃木県内の高等学校を卒業した者で、大学3年次以上または大学院に在籍し、2022年9月以降から9カ月以上、研究目的で外国の大学に在籍することが決定または内定している者。(大学を卒業または大学院を修了している場合は、卒業/修了後に原則として1年以内に留学する場合は応募可) 公益財団法人飯塚毅育英会 令和4年度海外留学支援奨学生 給付額(原則として返還不要)大学生:年額60万円/大学院修士課程または博士課程1・2年次在籍者:年額80万円/大学院博士課程3年次以上在籍者:年額100万円、給付期間1年(審査により2年まで可) 所属学部・研究科窓口で確認
海外の大学等 日本国籍を有し、2023年4月1日現在35歳以下で、申込時に当財団が推薦を依頼する大学院に在籍し、日本国内に居住している、2023年4月1日以降2024年3月31日までに1年以上の留学を開始する者(交換留学は対象外)

※情報通信分野の進歩、発展に貢献する者を優先するが、この限りではない。
公益財団法人KDDI財団「2023年度日本人留学生助成」 月額20万円、最長2年。(学費、渡航費、生活費の一部とすること) 所属学部・研究科窓口で確認
海外の大学院 応募資格:2022年度内に海外の大学(修士・博士課程)に正規生として入学予定の美術史を専攻する日本人学生 2022年度JEES・石橋財団奨学金(後期・派遣) 月額15万円 所属学部・研究科窓口にて確認
海外の大学等 日本国籍を有し、理工系、農学系、医学系等の理系科目を専攻する大学院生または大学生で、2022年度に留学することが決定または内定しており、留学先の履修期間が6ヶ月以上12ヶ月以内の広島県出身の者(学位取得目的の留学の場合は24ヵ月以内) 公益財団法人浦上奨学会2022年度海外留学奨学生 月額10万円、留学準備金20万円 所属学部・研究科窓口で確認
海外の大学 日本国籍を有し、2022年4月時点において大学2年生以上、35歳以下の学部生で、セメスターあたり6単位以上を取得する学習計画を持ち、GPA2.5以上かつ財団の定める語学力基準があり、2022年4月1日から2023年4月30日までに開始される6ヶ月または1学期以上の大学間または部局間協定に基づく留学プログラムに参加する者 公益財団法人業務スーパージャパンドリーム財団2022年度派遣留学奨学生 月額15万円 所属学部で確認

財団へ直接個人で応募する奨学金

派遣先 対象 奨学金名称・リンク先 内容 財団締め切り
海外の大学または大学院 日本国籍を有し、海外の大学または大学院への入学が決定している者。
※ただし、学位取得を目的とする正規留学を対象とし、語学留学・短期留学等は対象外
公益財団法人重田教育財団2022年度海外留学奨学金  月額20万円(年額240万円) 2022年6月30日(木曜日)必着
海外の大学 現在国内の大学・大学院に在籍している日本人学生で、国際科学オリンピック国内大会一次選考通過者または国際バカロレア認定校卒業者(スコア36以上)、または大学・大学院在学中に大学や財団などによって選抜され二か月以上の海外留学、インターンなどを経験した者(語学留学は除く) 公益財団法人豊田理化学研究所 2022年「海外大学院進学支援制度」 1. 海外大学院進学コース/入学金、授業料、渡航費、生活費等の実費

2. 海外大学院進学準備コース/現地大学事前調査費用・大学院入学対策費用の実費
2022年5月31日(火曜日)
募集終了
海外の大学・大学院 日本国籍を有し(日本への永住が許可されている者も可)応募時に学部2~4年生または大学院博士前期課程(修士課程1、2年生)の学生で、交換留学、認定校留学、協定校留学、私費留学等で2023年度中に留学を開始し、海外の大学・大学院に約1年間(8カ月以上1年未満)の期間留学する、将来、グローバルなビジネス領域で活躍する意思を持つ者。 2023年度経団連グローバル人材育成スカラーシップ奨学生 奨学金200万円を支給 2022年7月14日(木曜日)~2022年9月13日(火曜日)
ハワイ大学 日本国籍を有し(二重国籍不可)、応募時に日本の大学の大学院修士課程もしくは博士課程に在学している者(日本の大学の最終学年に在学し、2022年4月1日に日本の大学院に進学することが確実な者も応募可) 令和5年度派遣皇太子明仁親王奨学金 学費免除(留学期間は2023年8月~9月より2年間)
生活費等(年間25,000ドル)
渡航旅費(上限あり)
2022年9月5日(月曜日)~2022年11月25日(金曜日)必着
海外の大学等 ・日本国籍もしくは日本永住権を有し、学校教育法による大学学部、大学院(前期課程)に在籍し、法学、経済学・経営学、理学、工学各科を専攻している満25才以下の学生。

・上記学科を専攻した満37才以下の准教授・講師・助教・助手・ポストドクター、大学院(後期課程)の者。
村田海外留学奨学会2022年度海外留学奨学生  往復旅費・生活費・学費等 2022年8月13日(土曜日)
米国の大学院 日米豪印国籍を有しまたは合法的永住者であり、2023年8月までにSTEM分野の学士を有する、申請時に18歳以上の者 日米豪印フェローシッププログラム 奨学金5万ドルおよび米国との往復航空賃等 2022年6月1日(水曜日)
オーストリアの大学 日本国籍を有し、大学学部2年生修了以上または修了見込みで、オーストリアの大学で学ぶに足る充分なドイツ語能力を有する、19歳以上35歳以下の者 2022年度オーストリア政府給費留学生 大学生および大学院生等:月額1,050ユーロ
博士号保持者(30歳以上):月額1,150ユーロ
2022年5月13日(金曜日)
カーターセンター(アメリカ合衆国) 日本国籍を有し、学士以上の学位を取得または留学開始までに取得見込で、アフリカ研究、人類学、法学、経済学、経営管理学、社会学、国際関係学、寄生虫学、公衆衛生学等の分野に経験や学術的バックグラウンドがある者 カーターセンターインターンシップ奨学生奨学金  月額25万円、渡航費等。9カ月間(3カ月の延長を認めることもある) 2022年4月27日(水曜日)必着