News

総合生存学館ソーシャルイノベーションセンターが発足し、記者会見を行いました。(2020年10月1日)


2020年10月12日

  • ニュース 学部・大学院から

  • 一般・地域

 総合生存学館は、社会との連携、民間企業等との協力を促進し、また、共同研究を組織的に展開するために、国立大学で初めて「ソーシャルイノベーションセンター」を2020年9月1日より発足させ、10月1日に、百周年時計台記念館において記者会見を行いました。

 本センターには、水・エネルギー・防災研究領域、ブロックチェーン研究領域、有人宇宙学研究領域、ウェルビーイング研究領域の4つの研究領域を設置し、それぞれの領域を核にして社会のイノベーションを目指します。

 本センターは、持続可能な開発目標(SDGs)などの社会変革目標に貢献する研究を行い、あわせて俯瞰的・分野横断的な視野と社会実装力をもった人材を育成することを目的としています。また、日本の多くの企業が、従来の業態に捉われない発想で社会に貢献することを模索している中で、こうした企業との連携を推進する大学内の窓口になることを目指しています。

 会見では、4つの研究領域について、各領域長が解説しました。寶馨 総合生存学館長(水・エネルギー・防災研究領域)からは、「京都大学ユネスコチェアWENDIと協力して、地球社会の持続可能な発展に重要な生存基盤資源分野(水・エネルギー・食料・生態系及び防災など)に関する教育プログラムと、世界遺産、ジオパーク、エコパークを活用した国際共同研究を実施する」、池田裕一 同教授(ブロックチェーン研究領域)からは、「非中央集権的でオープンな情報システムを構築するブロックチェーン技術の数理的な研究を行い、学館のカリキュラムの一つであるPBR(プロジェクトベースリサーチ)の一形態として学生との協働でグローバル問題の解決策の社会実装に展開する」、山敷庸亮 同教授(有人宇宙学研究領域)からは、「月・火星における有人宇宙探査、居住のための宇宙建築、宇宙での資源開発(樹木・木材利用を含む)を行い、宇宙開発におけるノウハウを地球環境改善に役立てる」、積山薫 同教授(ウェルビーイング研究領域)からは、「ウェルビーイング(心の健やかさ・柔軟さ・生きがい)を向上させる要因を、社会的交流に焦点を当てながら様々な人口特性集団について明らかにし、ウェルビーイングを向上させる実践的な取組みも行う」と、それぞれの領域について解説がありました。

左から、積山教授、寶学館長、池田教授、山敷教授

関連リンク


総合生存学館ソーシャルイノベーションセンターが発足し、記者会見を行いました。(2020年10月1日)
現在の画像 JPEG image — 190 KB

No