B型肝炎ウイルスの受容体“胆汁酸輸送体”の立体構造を解明

ターゲット
公開日

※ 詳しい研究内容について(PDF)を一部修正しました(2022年5月18日)

 野村紀通 医学研究科准教授、岩田想 同教授、朴三用 横浜市立大学教授、渡士幸一 国立感染症研究所治療薬開発総括研究官、白水美香子 理化学研究所チームリーダー、Lee Weontae 延世大学教授らの研究グループは共同研究により、長年謎とされてきたB型肝炎ウイルス(hepatitis B virus :HBV)およびD型肝炎ウイルス(hepatitis D virus :HDV)の感染受容体である胆汁酸輸送体NTCP(sodium taurocholate cotransporting polypeptide)/SLC10A1(Solute Carrier family 10 member 1)の立体構造を世界で初めて明らかにしました。

 この成果は、HBV/HDVの感染機構を詳細に理解することに役立つとともに、これらウイルスの感染予防や治療薬の開発に貢献することが期待されます。

 本研究成果は、2022年5月18日に、「Nature」に掲載されました。

文章を入れてください

図:クライオ電子顕微鏡によるHBV/HDV感染受容体NTCPの構造とバクテリアの胆汁酸輸送体ホモログ(ASBTYF)との構造を比較。ASBTは10回膜貫通αヘリックスを持つのに対し、NTCPは9本の膜貫通αヘリックスから成る。

書誌情報

【DOI】
https://doi.org/10.1038/s41586-022-04857-0

【書誌情報】
Jae-Hyun Park, Masashi Iwamoto, Ji-Hye Yun, Tomomi Uchikubo-Kamo, Donghwan Son, Zeyu Jin, Hisashi Yoshida, Mio Ohki, Naito Ishimoto, Kenji Mizutani, Mizuki Oshima, Masamichi Muramatsu, Takaji Wakita, Mikako Shirouzu, Kehong Liu, Tomoko Uemura, Norimichi Nomura, So Iwata, Koichi Watashi, Jeremy R. H. Tame, Tomohiro Nishizawa, Weontae Lee, Sam-Yong Park (2022). Structural insights into the HBV receptor and bile acid transporter NTCP. Nature.