意図せず侵入する外来植物の侵入個体数と定着成功との関係を解明 -穀物輸入港と非穀物輸入港間の植物種組成の比較-

ターゲット
公開日

 日本は毎年約2500万トンもの穀物(トウモロコシ、コムギ、オオムギ、ソルガムなど)を海外から輸入しています。輸入穀物の中には、輸出国の農耕地で生育していた様々な雑草種子も混入しています。輸入穀物に混入して侵入する外来植物には農業害草となる種類も多いため、侵入初期に発見してその盛衰を追跡することは、外来植物の効果的な予防管理にも役立ちます。

 下野嘉子 農学研究科准教授、池田茉史 同修士課程学生、西健志 同修士課程学生、浅井元朗 農業・食品産業技術総合研究機構グループ長補佐らの研究グループは、全国の国際貿易港20港で春と秋に植生調査を行い、穀物の輸入量が多い港(穀物輸入港)と穀物を輸入していない港(非穀物輸入港)の植物の組成を比較しました。さらに、穀物輸入港で多く見られた種が輸入穀物にも多く混入しているのかを検証しました。

 各港の植物の種組成の類似度を計算して分類したところ、調査した20港は、北から南まで緯度に沿った違いがあることが確認できました。さらに、穀物輸入港と非穀物輸入港間で植物の組成が異なることも示されました。つまり、港湾周辺に生える植物の種組成は、気候の違いに加えて穀物輸入港か否かによる影響も強く受けていました。植生調査の結果と輸入穀物への混入率との関係を調査した結果、穀物への混入量が多い種ほど穀物輸入港に偏って生育している傾向が認められ、穀物輸入港周辺での外来植物の定着には、輸入穀物への混入量が強く影響していることが示されました。

 本研究成果は、2022年2月17日に、国際学術誌「Biological Invasions」のオンライン版に掲載されました。

(左)輸入コムギから見つかった混入種子 1:ヤギムギ、2:カラスムギ、3:ウマノチャヒキ、4:エノコログサ、5:セトガヤモドキ、6:オオムギ、7:セイヨウノダイコン、8:ウサギアオイ、 9:ヤグルマギク属(右)春と秋の植生調査で記録された各種の分布パターンと混入率との関係
図:(左)輸入コムギから見つかった混入種子 1:ヤギムギ、2:カラスムギ、3:ウマノチャヒキ、4:エノコログサ、5:セトガヤモドキ、6:オオムギ、7:セイヨウノダイコン、8:ウサギアオイ、 9:ヤグルマギク属、(右)春と秋の植生調査で記録された各種の分布パターンと混入率との関係
研究者情報
書誌情報

【DOI】https://doi.org/10.1007/s10530-022-02741-6

Mafumi Ikeda, Takeshi Nishi, Motoaki Asai, Takashi Muranaka, Akihiro Konuma, Tohru Tominaga, Yoshiko Shimono (2022). The role of weed seed contamination in grain commodities as propagule pressure. Biological Invasions.

メディア掲載情報

日刊工業新聞(3月3日 20面)に掲載されました。