急性白血病治療における臍帯血移植後の合併症が及ぼす予後への影響 -国際共同研究から明らかになった日欧での違い-

ターゲット
公開日

 諫田淳也 医学部附属病院病院講師、熱田由子 日本造血細胞移植データセンター長、Éliane Gluckman ユーロコード教授、Arnon Nagler 欧州血液骨髄移植学会急性白血病ワーキングパーティ―教授らの研究グループは、日欧における臍帯血移植後のGVHDが予後に及ぼす影響を明らかにしました。

 同種造血幹細胞移植は再発・難治性白血病に対して根治が期待できる治療法です。臍帯血は、HLA一致ドナーに代わる代替移植ソースとして急速に拡大しました。本研究グループは前研究にて、日欧共同の臍帯血移植研究基盤を確立しましたが(Kanda J, Leukemia. 2020;34(1):128-137)、本研究では、このデータをもとに、GVHDが予後に及ぼす影響が日欧で異なること、日本において軽症GVHD発症により、合併症リスクを増加させることなく、移植片対腫瘍効果が発揮され予後が改善することを示しました。

 本研究成果は、2021年10月12日に、国際学術誌「Bone Marrow Transplantation」のオンライン版に掲載されました。

本研究のイメージ図
図:本研究のイメージ図
研究者情報
書誌情報

【DOI】https://doi.org/10.1038/s41409-021-01479-4

Junya Kanda, Hiromi Hayashi, Annalisa Ruggeri, Fumihiko Kimura, Fernanda Volt, Satoshi Takahashi, Shinichi Kako, Karina Tozatto-Maio, Masamitsu Yanada, Guillermo Sanz, Naoyuki Uchida, Emanuele Angelucci, Seiko Kato, Mohamad Mohty, Edouard Forcade, Masatsugu Tanaka, Jorge Sierra, Takanori Ohta, Riccardo Saccardi, Takahiro Fukuda, Tatsuo Ichinohe, Takafumi Kimura, Vanderson Rocha, Shinichiro Okamoto, Arnon Nagler, Yoshiko Atsuta, Eliane Gluckman (2021). The impact of GVHD on outcomes after adult single cord blood transplantation in European and Japanese populations. Bone Marrow Transplantation.

関連部局