SARS-CoV-2 B.1.617系統(俗称「インド株」)のL452R変異とE484Q変異は 中和抗体感受性の低下において、相加的な抵抗性を示さない

ターゲット
公開日

 高折晃史 医学研究科教授、白川康太郎 同助教、佐藤佳 東京大学准教授、齊藤暁 宮崎大学准教授、徳永研三 国立感染症研究所主任研究官の研究グループは、英国の研究グループと共同で、新型コロナウイルスの「懸念すべき変異株」である「インド株(B.1.617系統)」に存在するスパイクタンパク質の「L452R変異」および「E484Q変異」はそれぞれ中和抗体感受性を減弱させるが、両変異の組み合わせによる相乗的な効果はなく、相加的な抵抗性は示さないことを明らかにしました。

 本研究成果は、2021年7月14日、国際学術誌「The Journal of Infectious Diseases」のオンライン版に掲載されました。

本研究の概要図
図:本研究の概要図
研究者情報
書誌情報

【DOI】https://doi.org/10.1093/infdis/jiab368

Isabella Ferreira, Steven Kemp, Rawlings Datir, Akatsuki Saito, Bo Meng, Partha Rakshit, Akifumi Takaori-Kondo, Yusuke Kosugi, Keiya Uriu, Izumi Kimura, Kotaro Shirakawa, Adam Abdullahi, The CITIID-NIHR BioResource COVID-19 Collaboration, The Indian SARS-CoV-2 Genomics Consortium (INSACOG), Anurag Agarwal, Seiya Ozono, Kenzo Tokunaga, The Genotype to Phenotype Japan (G2P-Japan) Consortium, Kei Sato, Ravindra K Gupta (2021). SARS-CoV-2 B.1.617 mutations L452 and E484Q are not synergistic for antibody evasion. The Journal of Infectious Diseases.