Events

  • 吉田キャンパス

ラーニングアナリティクスによるエビデンスに基づく教育に関する国際シンポジウム2019


2019年02月21日 木曜日

 教育・学習活動に関するデータを有効活用し、エビデンスに基づく教育の推奨 、およびそのデータを活用して、教育改善のための研究を推進していくことは、人材の育成にとって最優先の重要な課題です。また、教育・学習活動に関するデータは個別の教育機関における利活用だけではなく、全国的に利活用できる仕組みを作ることが、教育政策を議論する上で欠かせないものとなっています。

 日本学術会議では、これらの議論を進めるために、心理学・教育学委員会と情報学委員会が合同で、教育データ利活用分科会を2018年に設立しました。

 本分科会は本シンポジウムで、科学研究費補助金基盤(S)「教育ビッグデータを用いた教育・学習支援のためのクラウド情報基盤の研究」等の研究事例を紹介し、国レベルでの教育データの利活用やエビデンスに基づく教育の実現について議論します。
 皆さまのご参加をお待ちしております。
  • 2019年03月22日 金曜日

13時00分~18時00分(12時30分受付開始)
  • 吉田キャンパス

国際科学イノベーション棟5階シンポジウムホール

どなたでも参加いただけます。

200名(先着順)

プログラム

時間  
12時30分 開場
13時00分 開会の挨拶・趣旨説明
緒方 広明(日本学術会議連携会員、京都大学学術情報メディアセンター教授)
  第一部: 教育データの利活用(日本語)
13時15分 基調講演
教育・学習データの重要性と将来展望
安西 祐一郎(独立行政法人日本学術振興会顧問・同学術情報分析センター所長、慶応義塾大学 学事顧問)
13時45分 基調講演
ラーニングアナリティックスへの普及へ向けて
美濃 導彦(日本学術会議第三部会員、国立研究開発法人理化学研究所理事)
14時15分 休憩
14時30分 パネル討論(テーマ・教育データの利活用について考える)
  • 乾 健太郎(日本学術会議連携会員、東北大学情報科学究科教授、理化学研究所AIPセンター自然言語理解チームリーダー)
  • 楠見 孝(日本学術会議連携会員、京都大学教育学研究科教授)
  • 柴山 悦哉(日本学術会議第三部会員、東京大学 情報基盤センター教授)
  • 西田 眞也(日本学術会議第一部会員、NTTコミュニケーション科学基礎研究所上席特別研究員)
  • 藤村 宣之(日本学術会議連携会員、東京大学 教育学研究科教授)
  • 前田 香織(日本学術会議連携会員、広島市立大学情報科学研究科教授)
  • 松下 佳代(日本学術会議第一部会員、京都大学高等教育研究開発推進センター教授)
  • 宮地 充子(日本学術会議第三部会員、大阪大学工学研究科教授)

 討論者:谷口 倫一郎(九州大学システム報科学研究院教授)、安西 祐一郎、美濃 導彦
 司会: 緒方 広明

15時50分 休憩
  第二部: 研究事例報告
16時00分 基調講演(英語)
Supporting Evidence-Based Education through Learning Analytics
Abelardo PARDO(SoLAR President, Professor,University of South Australia)
16時30分 ラーニングアナリティクスの研究事例紹介(英語)
  • Shian-Shyong TSENG(Vice President, Asia University, Taiwan)
  • Stephen J.H. YANG(Professor, National Central University,Asia University, Taiwan)
  • 島田 敬士(九州大学システム情報科学研究院准教授)
  • 山田 政寛(九州大学基幹教育院准教授)
  • 西岡 千文(京都大学附属図書館助教)
  • Ivica BOTICKI (京都大学 客員准教授、Associate Professor, University of Zagreb)
  • Brendan FLANAGAN(京都大学学術情報メディアセンター特定講師)
  • Gokhan AKCAPINAR(京都大学学術情報メディアセンター特定研究員)
  • Rwitajit MAJUMDAR(京都大学学術情報メディアセンター特定研究員)
18時00分 閉会

無料

以下のフォームよりお申し込みください。
https://goo.gl/WWjKJW

2019年03月20日 水曜日


学術情報メディアセンター 緒方研究室
E-mail: contact*let.media.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)
Tel: 075-753-9052

主催:
日本学術会議 心理学・教育学委員会・情報学委員会合同教育データ利活用分科会
協賛:
日本学術振興協会 科学研究費補助金 基盤研究(S)「教育ビッグデータを用いた教育・学習支援のためのクラウド情報基盤の研究」
後援:
SoLAR(Society for Learning Analytics)、一般社団法人 日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)、京都大学学術情報メディアセンター

ラーニングアナリティクスによるエビデンスに基づく教育に関する国際シンポジウム2019
現在の画像 JPEG image — 149 KB

PDF document icon LA_sympojium_a2_jp_0109fix.pdf — PDF document, 2243 kB (2297284 bytes)

No