吉田キャンパス 北部構内

吉田キャンパス 北部構内

北部構内は、農学部の設置に備えて1921年にほぼ全域が 京都大学の敷地になりました。農学部や理学部の建物のほか、農場や演習林試験地、植物園、さらにグラウンドなどがあり、教室や実験棟が立ち並ぶ他のキャンパスとは異なった景観を備えています。

農学部グラウンド

農学部グラウンドは、北部キャンパスの北東に位置し、ラグビー、フィールドホッケー、サッカー、ハンドボール、アメリカンフットボール、ラクロス、陸上競技、エアーライフル射撃、ゴルフ、ウェイトリフティングなどに利用されています。

2013(平成25)年4月撮影
2013(平成25)年4月撮影

オリンピックオーク

1936(昭和11)年のベルリンオリンピック三段跳びで、京都大学をその春に卒業したばかりの田島直人が世界新記録で金メダル、同じく原田正夫が銀メダルを獲得しました。このオークは、田島がその時に持ち帰った苗木を植えたものです。根本には2001年に陸上競技部蒼穹会による記念碑があります。( オリンピックオークの伐採について

当初の個体は平成20(2008)年夏にカシノナガキクイムシの被害(いわゆるナラ枯れ)に遭い、枯死してしまったため、同年12月に伐採されました。かつて農学部演習林職員らの手により、グラウンドのオリンピックオークの萌芽から採取し、育てられたとされるヨーロッパナラが北部構内の北白川試験地に2個体あり、井鷺裕司 農学研究科教授らによる遺伝子解析の結果、枯死した個体と同じ遺伝子を持つことが確認されました。平成27(2015)年2月に1本を元の木が植えられていた場所に移植したほか、もう一方の個体からの種子が発芽した実生も同地に移植しました。

2004(平成16)年7月撮影
2004(平成16)年7月撮影
2004(平成16)年7月撮影
2004(平成16)年7月撮影
2015(平成27)年11月撮影
2015(平成27)年11月撮影

附属農場

2016(平成28)年11月撮影
2016(平成28)年11月撮影

メインストリート

2004(平成16)年11月撮影
2004(平成16)年11月撮影

農学部表門・門衛所(登録有形文化財)

1924(大正13)年竣工。大胆な意匠の上部に日本瓦を頂く独特のつくりになっています。

2004(平成16)年12月撮影
2004(平成16)年12月撮影
2015(平成27)年3月撮影
2015(平成27)年3月撮影

湯川記念館(基礎物理学研究所)

1952(昭和27)年竣工。1949年の湯川秀樹教授のノーベル賞受賞を記念して建てられました。中央の写真の胸像は、湯川秀樹 元基礎物理学研究所教授(1907~1981)。専門は理論物理学。1949年、日本人として最初のノーベル物理学賞を受賞しました。

2010(平成22)年8月撮影
2013(平成25)年2月撮影
2013(平成25)年4月撮影

湯川記念室

湯川教授の研究生活の面影を伝えてその偉業を偲ぶために、湯川教授が使用していた旧所長室を「湯川記念室」(Yukawa Memorial Room)として保存しています。この記念室におかれた書籍(遺著約250冊、蔵書約1,920点)および扁額は遺族より基礎物理学研究所に寄贈されたものです。

2015(平成27)年11月撮影
2015(平成27)年11月撮影
2015(平成27)年11月撮影
2015(平成27)年11月撮影
2015(平成27)年11月撮影
2015(平成27)年11月撮影
2015(平成27)年11月撮影
2015(平成27)年11月撮影

理学部植物園

2004(平成16)年12月撮影
2005(平成17)年2月撮影
ユクノキ 2005(平成17)年6月撮影

演習林旧本部事務室

1931(昭和6)年竣工。スペイン瓦を葺いたバンガロー風の建物で、外周や中庭に面してベランダが配置され、周囲の景観に溶け込んだつくりになっています。

2005(平成17)年5月撮影

東アジア人文情報学研究センター

1930(昭和5)年竣工。スパニッシュ・ミッション様式を基調としていて、随所に配された半円アーチ、アーケードに囲まれたパティオ(中庭)、階段部分のステンドグラスなど、様々な工夫が凝らされています。もともと外務省東方文化学院京都研究所として建てられたましたが、1949年に京都大学の施設になりました。

2002(平成14)年5月撮影
2002(平成14)年5月撮影
2005(平成17)年2月撮影