探検! 京都大学

京大先生図鑑

京大というフィールドに生息する個性豊かな先生たち。普段見られない生態をご紹介!

神谷之康

英名
KAMITANI YUKIYASU
分類
情報学研究科
専門
脳情報学
職名
教授(Ph.D. (California Institute of Technology))

行動

一日のスケジュール
普段の行動について
週に3、4日は家の周りをジョギングしている。距離は5〜6キロ。GPSで距離とスピードを記録しており、そのデータが蓄積されていくのが楽しい。 昨年出場した10キロレースの記録は50分。
職業病
「現実の世界が信じられない?」
別に悩んでいるわけではないが、ふとした瞬間に“いま、目の前にあるものは、すべて脳の錯覚かも?”と思ってしまう。
実際、そうした錯覚は誰にでも起きている。例えば「色」も光の反射によってそう見えているだけで、「もの」がなくても眼や脳が刺激されれば認識することはできる。
つまり、“真実の世界”なんてものは存在しないかもしれない。目の前で話している人も、実は心のないロボットかもしれないのだ!
好きな食べ物
「インド料理」
アメリカ留学の時、宿舎の近くにインド料理店があったのがきっかけ。辛いので汗まみれになるが、それがまた楽しい。北インドのこってりとした味わいのものが特に好き。近くに専門店ができると一応チェックに行く。
趣味
「キャンプ」
家族(子供二人と妻)と毎年楽しんでいる。シーズンは春から始まり、最後のキャンプは例年ハロウィンのころと決まっている。キャンプだと帰りを気にせず、お酒を飲んでそのまま寝られるのがいい。
研究道具
MRI(磁気共鳴画像装置)
脳の血流の変化から、脳の活動パターンを3次元画像で記録することができる。
クラスター計算機
脳データを解析したり、脳の数理モデルでシミュレーションしたりする。
ノートパソコン
あらゆる作業。メールなどを行う。
タブレット
専門書など約1,000冊分をスキャンしてデータ化。頭から読むというより、必要に応じて検索して、調べている。
MRI(磁気共鳴画像装置)
こころの未来研究センター 連携MRI研究施設
クラスター計算機
ノートパソコン、タブレット、バッテリーなど

生息地域

1970年奈良県生まれ。1993年東京大学教養学部教養学科卒業。同大学院理学系研究科を修了後、2001年にカリフォルニア工科大学で博士号を取得。2004年から株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)脳情報研究所に勤務。2015年より京都大学大学院情報学研究科・教授(ATR客員室長を兼務)。

主な生息地 京大の魅力

生態

アフリカ人類学を本業としながら、その延長線上として宇宙人にも興味を抱く。テーマは「宇宙人との間にコミュニケーションは成立するか?」──宇宙人類学のフィールドは本来宇宙だが、「行きたいけどまだ行けてない」(木村先生)ため、もっぱらSF小説や宇宙飛行士の手記を紐解きながら“宇宙人と会ったらどうしよう?”と「思考実験」する日々である。

「脳情報学」に興味を持ったワケ

木村先生の夢マンガ

特徴

人物像
新しいもの好き。新しい情報機器や電化製品、ガジェットに目がない。 最近の買い物は「スタンディングデスク」。電動で高さが変えられる机で、立って使うのを主な目的としている。立って仕事?と最初は思ったが、研究室で使ったら非常に良かったので、自宅用にも購入した。運動した距離や心拍などを調べる活動量計もあれこれ試している。
タブレットPCも活用している。書類や文献をスキャンすれば、欲しい情報がすぐ取り出せるから便利だ。なので、近ごろは本や書類はなんでも捨ててしまうようになった。
一方で、友人からは“浮世離れ”しているとよく言われる。最新の技術は積極的に吸収するが、自分の研究テーマは “何が流行りか”ではなく、自分の素朴な疑問や関心に基づいて決め、自分がやりたいことだけやっている。
学生時代
兄二人が行ったので東京の大学に通ったが、ちょうどバブルのころで、その最中の東京のチャラチャラした雰囲気に馴染めなかった。一応「合コン」もやってみたが、それぞれが属性を誇示するのに夢中で、「で、中身はなんなん?」と、白けた目で見ていたのを覚えている。
ただし、生活面ではバブルの恩恵を受けた。いろいろバイトをしたが、どれも収入が良く、中でも家庭教師のバイトは、バイト先の家に届くお歳暮をたくさん貰えたりして、ちょっといい思いもした(笑)
もし京大の先生になっていなかったら
プロレスラー。単に体が大きいから(身長190cm)。中学の同級生からは「なんでならなかった?」と言われる。男たるもの体が大きかったら当然プロレスラーを目指すべきという同級生に囲まれていた。実力のほどは不明だが、本気でやったら負ける気はしない。

凸

自分を漢字一文字に例えると

「凸」(デコ・とつ)
やはり体が大きいので。スマホが普及する前は待ち合わせの目印にされた(笑)。
また、研究では出る杭のようによく叩かれる(笑)。みんなと違うやり方で研究するし、論文の結果をなかなか信じてもらえない。その分、結果が認められたときの喜びは大きい。