農学部 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 京都大学農学部は、自由の学風を重んじる本学の基本理念を踏まえながら、世代を超えた生命の持続、安全で高品質な食料の確保、環境劣化の抑制と劣化した環境の修復など、人類が直面している困難な課題の解決に取り組み,本学が目指す地球社会の調和ある共存に貢献できる人材を養成することが社会から期待されています。そのような人材を養成するために、本学部では、所定の課程を修め、必要な単位を修得し、次に掲げる目標を達成した者に学士の学位を授与します。

  1. 学士課程にあっては、所定の年限在学し、所定の単位数を修得した者に、学士の学位を与えます。
  2. 学士課程卒業にあっては、以下の点に到達していることを目安とします。
    (1)
    各学科が設定した農学とそれに関連した領域の学識を身につけ、「生命・食料・環境」に関わる世界水準の自然科学・社会科学研究の内容が理解できる。 
    (2)
    「生命・食料・ 環境」に関して人類が直面する課題に対して、統合的・総合的な考えをもって、科学的な解決方法を構想できる。
    (3)
    農林水産業および食品・生命科学関連産業の意義と重要性を理解し、高い倫理性と強い責任感をもって、その発展に寄与することを目指した行動ができる。
    (4)
    広範囲に及ぶ「生命・食料・環境」に関わる課題に取り組むための幅広い視野を身につけ、異なる文化の人々とも円滑にコミュニケーションができる能力をもつ。

apanese/overview/diploma_policy/