News

山極壽一総長がアジスアベバ科学技術大学一行の表敬訪問を受けました。(2019年11月26日)


2019年11月29日

  • トピックス 大学の動き

  • 一般・地域

 アジスアベバ科学技術大学一行が来学し、山極壽一 総長、重田眞義 国際担当理事補、木村亮 工学研究科教授と懇談しました。

 アジスアベバ科学技術大学は、2019年度から開始された、国際協力機構(JICA)および科学技術振興機構(JST)の支援による地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)の「エチオピア特殊土地盤上道路災害低減に向けた植物由来の土壌改質剤の開発と運用モデル」における相手国側代表機関であり、木村教授が日本側研究チームの代表として共同研究を実施しています。一行は同事業の研修で京都を訪れ、アダネ・アブラハム アジスアベバ科学技術大学副学長を含む4名が本学へ表敬に訪れました。

 アブラハム副学長は、同大学が新設された5年前にも山極総長を表敬した点に触れ、「アジスアベバ科学技術大学は、設立当初から京都大学と親交を深めてきた。当初の学術交流がSATREPSの共同研究実施にまで深化したのは大変喜ばしい」と述べました。山極総長もSATREPSの奨学金制度を通じ、同大学の優秀な大学院生が本学に留学し、学位を取得できれば、と学術交流に期待を寄せました。

懇談の様子

アブラハム副学長

記念写真

関連リンク


山極壽一総長がアジスアベバ科学技術大学一行の表敬訪問を受けました。(2019年11月26日)
現在の画像 JPEG image — 40 KB

No