京都大学広報誌
京都大学広報誌『紅萠』

ホーム > 紅萠 > 授業・研究紹介

萌芽のきらめき・結実のとき 益田玲爾先生

2016年秋号

萌芽のきらめき・結実のとき

かしこいイシダイに導かれ
「魚類心理学」で解きあかす、無表情な魚の知性

益田玲爾
(フィールド科学教育研究センター 海域ステーション 舞鶴水産実験所長/里域生態系部門 准教授)

「潜って考え、潜ってヒントをさがす。潜ってナンボ」。焼けた肌に白い歯をのぞかせ笑う益田玲爾准教授の研究フィールドは海の中。実験所の眼前に拡がる舞鶴湾や若狭湾、ときには太平洋側の気仙沼などにも遠征し、年間に80回以上も潜って、自身の目で海の生態系を調査する。そのかたわら、日本で唯一の「魚類心理学」の看板を研究室にかかげ、心理学の実験手法をつかい、魚の情動や学習機能を研究。「魚がなにを考えているのか」をひきだそうと、日々、魚と対峙する

「きょうは福井県高浜町の音海おとみの調査でした。13年前に調査に訪れた音海に潜ったときに南方系の魚が多いと気づいたのがはじまり」。不思議に思い、地元のダイバーに尋ねると、「高浜原発の排水で、海の温度が高いからね」と教えられた。「たしかに海水温が2度上昇していました。寒いはずの冬でも、南方系の魚が多いのです」。

 変化が起こったのは、調査をつづけて9年めの2012年。東日本大震災の影響をうけ、高浜発電所が運転を停止。「とたんに海水は冷たくなり、南方系の魚は死滅しました。温排水の流れこむ場所が局所的に温暖化をして、本来はいるはずのない南方系の魚が住みついていたと考えられます。人為のおよばない気候変動だけでなく、人間のふるまいも生態系に大きな影響を与えるのです。音海の変化を記録すべきだと、月にいちど潜っています」。

音海の魚の変化

左:「木を八束集めて炊いても食えないほど不味」が名前の由来というキハッソク。通常はサンゴ礁域に分布する(2010年5月4日撮影)
右:キジハタは日本海に住むハタ科の高級魚。キジを思わせる橙色の斑点は、ホンダワラ類の海藻に隠れるカモフラージュとなるのだろう。音海では温排水が停止し、海藻林が回復すると、このキジハタが増えてきた(2015年6月7日撮影)

水さえあれば、生態系のしくみがわかる

 海水や海底の砂や泥にふくまれる生物の粘液やフンをこしとり、DNAを分析することで、そこにどの生物がどれくらい生息するのかをあきらかにする「環境DNA」という手法を取り入れている。砂や泥は水よりも長い年月の生息データを保持するため、「現在の音海には温帯の魚しかいませんが、砂中には原発稼働中の魚の痕跡がのこっているかもしれません。生態系の変化も、砂や泥だけでわかる可能性があるのです」。技術は発展途上だが、手ごたえは上々。「人が潜れない場所も、水さえあればどんな魚がいるのかわかるかも。そうなれば、潜る必要はなくなると思うと、進歩しすぎるのもさびしい(笑)」。

分岐点にはいつもイシダイ

 魚との出会いは幼少期の海水浴旅行。「出会った漁師さんが貸してくれた箱メガネで海中をのぞくと、白黒の縞模様の魚が泳いでいた。あとでイシダイだと知るのですが、『海の中はなんてすてきなんだ』と心が躍って以来、海のとりこ」。

 好奇心は人一倍だが、勉強はとにかく苦手。「計算も国語もだめで、成績はいつも後ろから5番以内」。そんな少年を勉学の道に導いたのも、イシダイだった。「小学三年生のころ、『イシダイしまごろう』という本に出会い、読む楽しさを知りました。読解力がついて、算数の文章題ができるようになり、成績がのびた(笑)」。

 研究者を志したのは、小学校高学年。テレビで放映されていた『クストーの海底世界』で海洋生物学者の仕事を知り、「夢みたいな仕事だ」と将来の夢リストに追加した。「『ブラックジャック』を読んで、医者にも憧れていました。将来は離島でウミガメを眺めながら医者をするぞと。そのご、医学部の見学にも行きましたが、キャンパスは内陸で海が遠いのが難点で……」。

益田玲爾先生

紆余曲折の青年期を終えて

 しかし、医者への思いも捨てきれず、どっちつかずのまま一浪。二度めの受験も悩んだ末、「海に近い大学なら、海洋生物の研究者もいるはず」と静岡大学の理学部生物科に進学。「医者よりも海洋生物学者となった自分の姿のほうがはっきりと思い描けた。得意だった生きもの採集と観察に人生をかけてみようとようやく腹をくくったのが20歳。でも、入学すると海の研究者は一人もいなかった(笑)」。

 ダイビングを覚えてみずから捕獲した魚をテーマに、なんとか卒業論文を書きあげ、大学院はウナギ研究の第一人者として知られる東京大学の塚本勝巳先生の研究室に進学。「のちに大きな発見をされますが、当時は、『これだけ調べても、わからないことばかりだ』という論文を書いておられた。未知の領域が多くあるなら、大発見のチャンスもたくさんあるはずだと決断しました」。シマアジの群れ行動を研究し、いまにつながる基礎を積みあげた。「ふり返ると混乱つづきでしたが、めざす将来像を信じてすすむと、思い描いた夢の半分は実った。上出来でしょうか」。

記録ノート
出会った魚を記録するプラスチック製のノート。鉛筆をつかい、水中で種類と数を記載する。「これで1時間ぶんです。『ホ8、2×10』は、ホンベラの8cmが1匹、2cmが10匹、『メジ10』はメジナの10cm」。範囲を決めて、毎回同じ場所に潜る

学習しだいで魚も頭がよくなる

「魚には表情がありませんが、エラが動いていると不安な状態にいるなど、反応から情動がわかるのです」。「魚類心理学」の看板を掲げ、心理学の実験手法をもちいた魚の認知、発達研究もすすめる。

 注目したのは、芸を覚えるなど、かしこい魚として知られるイシダイ。「イシダイは成長後、産まれた沖合から沿岸に移動します。たどりついた磯で得られるエサの種類に応じて柔軟に行動を変える必要があるため、学習能力が高いようです」。

 構造物を置いた水槽と空の水槽とでイシダイを泳がせると、構造物のある水槽で泳いだイシダイは物を避けることで脳が刺激され、かしこくなることが実証された(図1、2)。「ふと疑問が浮かんだのです。ほかの魚も難解な状況におかれれば、かしこくなるのではないか。そもそも、なぜ、ほかの魚はイシダイほどかしこくないのだろう」。

図1

図1
構造物を置いた水槽

図2

図2
学習能力を調べるY迷路の簡略図。分岐の一方に行けばエサをもらえるように学習させてから、つぎは逆方向に行けばエサを与えるようにする。学習の「書き換え」能力があるかどうかを調べる

いつまでも魚が食べられるように

 ヒトの学習能力を高める効果があるといわれるDHAは、魚にも多量にふくまれ、脳や神経、筋肉の生成、エネルギー源などにつかわれる。「DHAが欠乏した魚は、脳がうまく機能しないとわかっています。ならば、イシダイほどのかしこさが必要ない魚は、脳の生成よりも、筋肉やエネルギーのためにDHAをつかうほうが生存競争に有利なのかもしれません。いっぽう、学習をつづけると、頭はよいが体は小さい魚に成長するかもしれない」。

 研究のさきに、栽培漁業への貢献も見すえる。「海に放流された魚の大半は、天然の海でのくらし方を憶えるまえに外敵に食べられてしまいます。そこで、放流用の魚は外敵から逃げられるようにかしこく育て、危険の少ない養殖用は体を大きく育てるなど、目的に応じて魚を飼う提案もできるかもしれません。いつまでもおいしい魚を食べられるように貢献したい。私は魚料理が大好きですから」。

 好きな魚はカスミアジ。「泳ぎが速いのに急旋回ができる。色鮮やかでおいしい完璧な魚です。私を魚に例えると、カスミアジほどかっこよくない、ただのアジかな。クラゲのそばで守ってもらいながら、ときどき、クラゲのエサのおこぼれをもらう。卓越した能力はないけれど、助けあいながら上手に生きる姿に親近感を覚えるのです」。

舞鶴水産実験所
京都市内に移転した京都大学農学部水産学科の跡地に1972年に京都大学農学部附属水産実験所を設置し、2003年の京都大学フィールド科学教育研究センターの発足にともない、里域生態系部門海域ステーションとしての役割を担う舞鶴水産実験所に改称。5名の教員と10名前後の大学院生が魚類などの水生生物の生態、生理、行動、分類および水産学や環境学に関する教育研究活動に取りくむ。教育関係共同利用拠点に認定され、日本海側に位置する唯一の大学附属水産実験所として共同利用実習および共同利用研究を推進する。
実験に供されるアジやタイ、数十匹ものナマコが飼育される。「水族館も備える京大の瀬戸臨海実験所は無脊椎動物が中心ですが、ここは食べておいしそうな水産系の魚とそれに準ずる無脊椎動物がおもな対象です」。他大学にも同じような施設はあるが、目の前に海があり、精密に濾過をした海水がふんだんにつかえる環境は貴重

新緑洋丸
老朽化がすすんだ旧緑洋丸のあとをつぎ、2015年に完成。実習や遠方海域の調査に使用。旧緑洋丸にくらべて甲板がひろくなり作業効率が向上した。クレーンと3基のウィンチを装備し、網や観測機器の引き上げも容易。

ますだ・れいじ
1965年に横浜市に生まれる。1990年に静岡大学理学部生物学科を卒業し、東京大学海洋研究所にて学位を取得。英国のDunstaffnage Marine Laboratoryに留学、ハワイ・オーシャニックインスティテュート(現 パシフィック大学海洋研究所)の研究員、京都大学農学部助手をへて、2003年から現職。2012年に実験所長に就任。

授業・研究紹介

関連リンク

関連タグ

facebook ツイート