セクション

【臨時開催】学術情報メディアセンターセミナー「情報教育電子教材報告会およびITを活用した教育に関する特別セミナー」

 このたび、京都大学学術情報メディアセンターでは、情報教育電子教材報告会およびITを活用した教育に関する特別セミナーを開催いたします。セミナーでは,愛媛大学と京都大学が共同開発している情報教育の電子教材についての報告や学内でのコースマネージメントシステムの活用事例の報告を行うとともに、ドイツのUniversity of Ilmenau所属,Rainer Knauf 氏をお招きし、「Utilizing AI Technologies for University Education」をテーマにご講演いただきます。
  学内外を問わず多数の方の参加をお待ちしております。

開催要項

日時 2009年3月24日(火曜日) 13時30分~16時50分
場所 京都大学 学術情報メディアセンター 南館2階 202マルチメディア講義室
(お身体の不自由な方にはエレベーターをご利用いただけますので事務室にお申し付けください)
参加費用 無料
参加申込み 不要
問い合わせ 京都大学 学術情報メディアセンター  喜多研究室
TEL: 075-753-9050
kita*media.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

※ 懇親会 セミナー後カンフォーラにて懇親会を開催いたします。(懇親費 一人2000円程度)

プログラム

13時30分~13時35分 情報教育電子教材報告会 開会挨拶
13時35分~14時5分 愛媛大学ー京都大学開発情報教育電子教材 ヒアリング結果報告
報告者: 村上 正行 氏(京都外国語大学・京都大学)
14時5分~14時25分 WebCT活用事例(1)
報告者:持元 江津子 氏(京都大学高等教育研究開発推進センター第3部門)
14時25分~14時55分 WebCT活用事例(2)
報告者:奥野 恭史 氏(京都大学大学院薬学研究科)
14時55分~15時00分 情報教育電子教材報告会 閉会挨拶
15時00分~15時20分 休憩
15時20分~16時50分 特別セミナー講演
講演者: Rainer Knauf (Associate Professor, University of Ilmenau, Germany)
講演題目:Utilizing AI Technologies for University Education
講演概要: AI technologies are commonly used in technical environments. Their application learning processes, in particular for university studies, is a quite a new challenge. Students' desires, preferences and decisions may be unpredictable and thus, not appropriate for modeling - at a first glance. However, in university teaching, didactic variants can be anticipated and can become a subject of AI technologies. A semi-formal modelling approach called storyboarding is outlined in the talk. A storyboard represents various opportunities for composing a learning process according to individual circumstances, such as topical prerequisites (educational history), mental prerequisites (preferred learning styles such as formar/informal, illustrative/text based, etc.), performance prerequisites (a requested success level in former learning activities, etc.), and personal aspects (needs, wishes, talents, aims). By storyboarding, various didactic variants can be validated by considering the learning success associated with the different paths through a storyboard in a case study. Since the individual success is associated with a cognitive profile, optimal learning paths for various learner types can be derived, too.
主催:京都大学/学術情報メディアセンター、高等教育研究開発推進センター
Error AccessControl.unauthorized.Unauthorized on here/portlet_link/macros/portlet: You are not allowed to access 'aq_parent' in this context