セクション

中学生向けゼミ体験講座「ジュニアキャンパス2008」を開催しました。(2008年9月20日~21日)

 2008年9月20日(土曜日)・21日(日曜日)の2日間にわたり、中学生に学問の最先端に触れてもらうことを目的として「ジュニアキャンパス2008」を京都市教育委員会との共催により開催しました。

 今年で4回目を迎えるジュニアキャンパスには京都市や近郊地域のみならず遠くは関東、九州からの申し込みがあり、中学生約250名・保護者等約100名の参加がありました。

 1日目の午前中は、開講式及びオリエンテーションを実施の後、「ナノテク・ロボット・電気自動車-活躍する京大発ベンチャー」と題する中学生向け特別講義を、またそれと並行して保護者等向け講演会「思春期の子育てを考える-男の子育て、女の子育て-」も開催しました。

 1日目の午後と2日目は、吉田・宇治・桂の各キャンパスや花山天文台等の研究施設において実験、工作、自然観察、天体観測などの体験型のゼミや、テキストをもとに議論するゼミなど、少人数制による32講座のゼミを開講、2日目の午後には並行して、時計台免振装置・尊攘堂・総合博物館を見学する「キャンパスミニツアー」を実施し、こちらに参加される方もありました。

 今年度は、お昼の休憩時間に新企画「大学院生等によるポスターセッション」を実施し、大学院生が普段どのような研究を行っているかを中学生に分かりやすく説明するなど、大学院学生との交流もありました。また、昨年に引き続き中学生からの素朴な疑問に学部生が答える「大学何でも相談コーナー」も設置しましたが、ここでは中学生からの活発な質問が飛び出していました。


中学生向け特別講義

保護者向け特別講演

ロボ・ガレージ代表高橋氏

ゼミ「マグマ科学-火山はなぜ個性的か?-」

二足歩行ロボット

ゼミ「電気電子工学-光と量子を自由にあやつる-」

大学何でも相談コーナー

大学院生によるポスターセッション