セクション

若者の「やる気」:10年の変遷とニート・ひきこもり傾向との関連

2011年12月26日


内田准教授

 こころの未来研究センターで行った若者のやる気に関わる心理学的な実証研究に係る研究成果が、今月の「Jouranl of Social Issue」誌で発表されました。これは、こころの未来研究センターに本年7月までの2年間、学術振興会外国人特別研究員としてセンターに滞在していたビナイ・ノラサクンキット ミネソタ州立大学准教授と内田由紀子 こころの未来研究センター准教授の研究グループで行ったプロジェクトの研究成果です。

研究の概要

 内閣府の調査では20代~30代の若者の70万人がひきこもり状態にあると推測され、長い場合にはひきこもり期間は実に10年以上と、今や大きな家族・社会問題の一つになっている。こうしたニート・ひきこもりをカテゴリーとしてとらえるのではなく、いくつか共通する心理特性を同定し、スペクトラムとしてとらえた上で、若者のこころや「やる気」の問題と日本文化へのグローバリゼーションの影響との関連を明らかにしようとしたのが本研究の試みである。

 日本の社会の若者においては、必ずしも従来の関係志向型なだけではない価値観が定着しつつある。雇用システムの変化と流動性の高まり、さらにはグローバリゼーションの影響から、自己責任、能力評価などの個人主義的概念が取り入れられてきた。これは関係からの解放でもあると同時に、そしてその帰結として関係性からの恩恵を失い、相互協調的に定位される「自分」のよりどころとする場を失うことでもあるのかもしれない。このようなグローバリゼーションの影響は、特に文化内で中心的振る舞いをしている人たちよりも、「周辺的な振る舞い」をしている人でより顕著であろうと考えられる。

 そこで我々のグループでは、ニート・ひきこもり傾向にある人達の「動機づけ」(どのようなときにやる気を持つことができるか)に着目した研究を行った。

 まずニート・ひきこもり傾向の要因を同定し、その要因についての個人差を測定する尺度を開発した。ニートやひきこもりにまつわる調査研究からいくつもの行動・心理傾向をピックアップし、学生や実際のひきこもりの人たちを対象に調査を行ったところ、三つの因子が見られることがわかった。一つはフリーター生活志向性であり、「職場や仕事で我慢できないことがあれば無理せずにやめた方がいいと思う」といったような考えを持っていること。二つめは自己効能感の低さであり、「コミュニケーションをとるのが難しい」といったような自信のなさを表す。三つめは将来に対する目標の不明瞭さで、「将来何をしたらよいのかわからない」という要素であった。

 続いて、動機付け実験を行った。ハイネらによる2001年の比較文化の先行研究では(Heine et al., 2001)、北米では自己の長所への注意が重要であるため、ある課題(想像力テスト)に対して好成績であったと伝えられた後には同様の課題を継続して行う傾向があるが、成績が芳しくなかったことが伝えられると「自分にとって大切な課題ではなかった」と考え、課題への持続性が下がってしまった。これに対して日本の学生は失敗したときにこそ「もっと頑張らなければ」という動機が高まり、類似課題に自発的かつ持続的に取り組んでいた。この知見を援用して我々が今回行った実験では、まず大学生を対象にニート・ひきこもり尺度への回答を求めてニート・ひきこもりになるリスクの高いグループ「高リスク群(上位10パーセント)」とニート・ひきこもりになるリスクが低いグループ「低リスク群(残りの90パーセント)」、という二つのグループを同定し、それぞれの群の人たちを対象に実験室研究を行った。実験ではハイネらが用いたのと同じ課題(想像力テスト)をまず行ってもらい、成績のフィードバックを行った。その後、(実験者が実験に必要な資料を取りに行くと言って退室し)実験室に一人になったときに、参加者がどのぐらい自発的に同じ想像力テストに取り組むかを検証した。すると「低リスク群」の学生は、ハイネの研究で示された日本人の学生のパターンを追試し、成功したときよりも失敗のした時の方が、類似課題を継続的に行っており、動機づけが高まっていた。しかし逆に「高リスク群」の学生は、成功した時よりも失敗した時に課題を継続する動機づけが低くなっていた。つまりニート・ひきこもりのリスクの高い傾向にある人々は、失敗の後に努力することをやめ、あきらめてしまう傾向があるといえる。その背景には「努力しても無駄だ」というような、適応力に対する自信のなさ、可塑的な人間観・人生観の欠如が見られる。

 また、さらに我々が予想していなかった結果が一つあった。ハイネら行った実験(実験の実施は1999年)のまる10年後の2009年に今回のデータは集められたわけであるが、比較してみると、今回の学生は10年前の学生に比べて「全体的に」課題への取り組み時間が減少していたのである。この差は統計的に意味のあるもので、現在の学生は失敗した場合にも成功した場合にも、いずれにしても一生懸命課題に取り組むという傾向が減退していたことがわかった。もちろん、10年前と比較すると様々な要件が変化している。実験者を待っている間に課題をやって時間をつぶすぐらいなら携帯でメールをチェックしよう、ということが起こったとも考えられる。しかしそれも含めて、何か一つのことに費やす時間が減じられている。このことは、ニート・ひきこもりが世の中全体の若者の問題として取り上げられてきたことと無関連ではないのではなかろうか。

関連リンク

 

 

  • 京都新聞(12月27日 2面)および毎日新聞(平成24年1月10日 23面)に掲載されました。