セクション

LOX-1シグナルが関節リウマチの病態に大きく関わることを発見-関節リウマチの診断、治療につながる大きな一歩-

2011年11月21日

 関節リウマチは関節内の滑膜という組織が異常に増えることで関節内に炎症がおこる病気で、進行していくと関節破壊を起こし日常生活に多くの障害が生じる病気です。国内では約60万人の患者がいると言われており、30歳から50歳位の働き盛りの女性に起こりやすく、その社会的損失は非常に大きいと思われます。しかしながら、関節リウマチを採血だけで診断できる検査法、および関節の軟骨破壊を抑制できる根本的な薬剤は今のところ存在しません。

 今回、伊藤宣 医学研究科リウマチ性疾患制御学講座准教授、石川正洋 医学研究科整形外科学講座大学院生らの研究グループは、リウマチの関節炎の主体である滑膜にレクチン様酸化LDL受容体1(LOX-1)という蛋白が発現していることを世界で初めて発見し、このシグナルをブロックすることで滑膜細胞から分泌されている軟骨を破壊する酵素の産生が著明に低下することを発見しました。さらにマウスに関節炎を生じさせたモデルにおいて、このシグナルをブロックすると関節の炎症および軟骨破壊が抑制されることを発見しました。

 これらのことで、LOX-1がリウマチに非常に重要であることがわかった訳ですが、これまでリウマチ患者でLOX-1を測ることはできませんでした。そこで、LOX-1の一部分が切離されたsLOX-1(可溶型LOX-1)を測定したところ、sLOX-1は関節リウマチ患者で特に高い値を示し、炎症反応などの活動性とも一致し、また治療によって減少することがわかりました。したがって、sLOX-1を測定することで、関節リウマチの診断が容易にでき、また病気の勢いを判断できる可能性があります。

 今回の研究結果より、LOX-1を標的とする治療法は、軟骨破壊抑制の効果があり、既存の治療法で効果が出ない患者においても非常に有効な治療法となる可能性があると思われます。また、sLOX-1の測定により、簡便で早期にリウマチを診断でき、さらに治療効果も判定できることから、今後LOX-1シグナルは関節リウマチの診断と治療において有力な標的になると思われます。

 以上の成果は、アメリカリウマチ学会誌「関節炎とリウマチ」に掲載されました。

関連リンク

  • 論文は以下に掲載されております。
    http://dx.doi.org/10.1002/art.33452
  • 以下は論文の書誌情報です。
    Ishikawa M, Ito H, Akiyoshi M, Kume N, Yoshitomi H, Mitsuoka H, Tanida S, Murata K, Shibuya H, Kasahara T, Kakino A, Fujita Y, Sawamura T, Yasuda T, Nakamura T. Lectin-like oxidized LDL receptor-1 signal is a potent biomarker and therapeutic target for human rheumatoid arthritis.
    Arthritis Rheum. 2011 Nov 10. doi: 10.1002/art.33452.

 

 

  • 京都新聞(1月6日 25面)および科学新聞(12月2日 2面)に掲載されました。