セクション

チンパンジーによる同種の他個体の行動を手掛かりとした見本合わせ課題:2台のコンピュータ連結で可能になった完全自動検査環境の確立

2011年7月4日


左からChristopher Flynn Martin氏、
松沢教授

 松沢哲郎 霊長類研究所教授/所長、Christopher Flynn Martin 大学院生(理学研究科)らの研究成果が、Animal Cognition(動物認知)論文の電子版に掲載されました。

【論文情報】
Chimpanzees’ use of conspecific cues in matching-to-sample tasks: public information use in a fully automated testing environment
Christopher Flynn Martin, Dora Biro and Tetsuro Matsuzawa

研究成果の概要

 二人のチンパンジーが、それぞれのコンピュータを使って、協力して問題を解く課題に、世界で初めて成功しました。アイとアユムの母子ペアです。同じ部屋の約2m離れた場所にそれぞれのコンピュータがあります。

 課題は、「見本合わせ」と呼ばれるものです。赤色と緑色と黄色の3色を問題に使いました。色見本と同じ色を合わせる課題では、たとえばモデルとして模範を示すチンパンジーAのモニター画面に赤色と緑色が映し出され、赤色のほうを選んだとします(じつは、赤を選ぶように仕向けるちょっとしたくふうがあります)。それを約2m離れたところからチンパンジーBがみています。チンパンジーBの画面に選択肢として赤色と緑色がでると、さきほどAが選んだのと同じ赤色を選ぶことができます。

 同様に、漢字と漢字を合わせる課題では、一方が赤という文字を選べば、他方が赤という文字を選べます。アイもアユムも、それぞれが役割を交代して、どちらがモデルになってもよくできます。

 さらに課題を複雑にして、シンボルの見本合わせをしました。つまり、一方のモデルが赤色を選ぶと、それを見ていた他方には赤と緑の漢字がでてきます。こうしても、正しく赤という漢字を選べます。つまり、他者の行為を単純に真似するだけでなく、他者の行為の意味までを深く読み取って、正しくふるまえることが実証されました。なぜなら、一方は色を選んでいるのに、他方はそれが意味する文字を選んでいるからです。なお、この最もむずかしい課題では、母親のアイはよくできますが、子どものアユムにはまだむずかしいことがわかりました。

 これまでも、野生チンパンジーの研究から、「教えない教育・見習う学習」という、チンパンジーの見て真似る学習方法の存在がわかっています。子どもはおとなのようすを注意深く見ます。見て真似ようとします。一方、おとなのほうは子どもがすることを見て真似ることはほとんどありません。今回の研究から明らかになったこととして、見て学ぶ幼児期を過ごしてきたおとなのチンパンジーは、じつは他者のふるまいをよく見て、その意味を深く理解して、正しくふるまえることがわかりました。

 こうした結果から二つの今後の研究の展望が実証されました。

 第一に、2台のコンピュータを連結した場面を世界で初めて確立しました。これまで、二人のチンパンジーが2本のひもを同時に引っ張って協力して遠くのものを引き寄せる、というような研究はありましたが、今回は二人が離れてそれぞれのモニター画面に向かっていますから、いわば物理的にではなく知的に、相互に協力する課題です。

 第二に、2台のコンピュータは原理的には同じ場所にある必要がありません。遠く離れた場所にいる二人のチンパンジーのあいだでの協力やコミュニケーションやかけひきが研究できるようになりました。実際に、すでに、アメリカのシカゴのリンカーンパーク動物園のチンパンジーと本学のチンパンジーをスカイプでつなぐ研究を始めました。

 複数のチンパンジーの知的なやりとりを2台のコンピュータを連結する手法で解析する。そうした新手法が確立されたことで、まったく新しい分野の社会的知性の研究が進みます。


色-色の見本合わせ課題で奥のモデルが母親のアイ、手前の「見る側」がアユム

関連リンク

 

 

  • 朝日新聞(7月5日 34面)、京都新聞(7月5日 26面)、産経新聞(7月5日 24面)、中日新聞(7月5日 29面)、日本経済新聞(7月5日 34面)、毎日新聞(7月5日 28面)および読売新聞(7月5日 39面)に掲載されました。