セクション

「第9回京都大学地球環境フォーラム」琵琶湖 その現状と未来

 日本最大の湖、琵琶湖は、豊富な生物種を育み貴重な生態系を維持する世界有数の古代湖であるとともに、近畿圏の重要な水資源でもあり、古くから私たちの暮らしに数多くの恩恵を与えてきました。そのような琵琶湖は、今、どのような状況にあるのでしょうか。そして、これからの地球環境の変動は琵琶湖にどのような変化をもたらすのでしょうか。今回のフォーラムでは、琵琶湖の水と植物に焦点を当てて、その現状と未来について考えたいと思います。

日時 

2011年2月5日(土曜日) 14時00分~17時50分(13時30分開場)

場所 

京都大学百周年時計台記念館 国際交流ホールI

定員 

先着100名まで(要事前申込。なお、残席がある場合は、当日参加受け付け可能)

参加料  

無料

プログラム

総合司会:北野 慎一(大学院地球環境学堂 助教)

14時00分~14時10分 開会の挨拶
小林 愼太郎(大学院地球環境学堂長)
14時10分~14時50分 「鉛直水循環の脆弱化と化学環境の変化」
杉山 雅人(大学院地球環境学堂 教授)
14時50分~15時30分 「近未来・将来における琵琶湖水温・水質の数値予測」
山敷 庸亮(防災研究所 准教授)
15時30分~15時40分 休憩
15時40分~16時20分 「琵琶湖の植物相の現状と希少種の再生可能性」
今西 亜友美(大学院地球環境学堂 特定助教)
16時20分~17時00分 「琵琶湖岸水生植物群落の再生・保全技術の過去・現在・未来」
田中 周平(大学院地球環境学堂 准教授)
17時00分~17時40分 総合討論
司会:深町 加津枝(大学院地球環境学堂 准教授)
17時40分~17時50分 閉会の挨拶
杉山 雅人(実行委員長・大学院地球環境学堂 教授)

(注意)講演者、講演内容などは事前の予告なく変更することがあります。

申し込み方法 

参加希望者は「第9回地球環境フォーラム申込」と明記の上、氏名、所属(差し支えなければ)を、E-mailまたはFAXで申し込みください。

問い合わせ・申し込み先 

京都大学地球環境フォーラム事務局
E-mail: forumsanka*ges.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)
Fax: 075-753-9187

Error AccessControl.unauthorized.Unauthorized on here/portlet_link/macros/portlet: You are not allowed to access 'aq_parent' in this context