News

「東京で学ぶ 京大の知」シリーズ17 -変動する社会と激変する自然災害- 第3回を開催しました。(2015年3月19日)


2015年04月02日

  • ニュース 大学から

  • 一般・地域

 連続講演会「東京で学ぶ 京大の知」のシリーズ17 -変動する社会と激変する自然災害- 第3回を東京オフィスで開催しました。

 「防災」をテーマにしたシリーズ17の第3回は、「火山活動の予測-できて当然の火山・ハードルの高い火山-」と題し、鍵山恒臣 理学研究科教授が講演を行いました。

 鍵山教授は、火山の噴火について実例を挙げながら、予測が簡単な火山とはどのようなものか、また予測が難しい火山とはどのようなもので、なぜ難しいのかなどについて講演を行いました。来場者は鍵山教授の話を興味深く聞き、講演後には熱心な質疑応答が行われました。

 詳細はこちら(PDF)をご覧ください。

会場の様子

講演する鍵山教授


「東京で学ぶ 京大の知」シリーズ17 -変動する社会と激変する自然災害- 第3回を開催しました。(2015年3月19日)
現在の画像 JPEG image — 15 KB

No