Events

  • 吉田キャンパス

【中止】京都大学経済研究所主催シンポジウム「持続可能な社会のための政策デザイン ~気候変動政策とエネルギー転換~」 


2020年02月03日 月曜日

※ 新型コロナウイルスの現況を踏まえ、中止となりました。(2020年2月28日)
※ 申し込みを締め切りました。(2020年2月20日)


 持続可能な社会のための政策デザインはどうあるべきか。

 本シンポジウムでは、ドイツと日本の二カ国における気候変動政策とエネルギー転換への対応の比較を通じ、持続可能な社会のための政策デザインを考えます。

 皆さまの参加をお待ちしています。
  • 2020年03月01日 日曜日

14時00分~17時30分(開場13時30分)
  • 吉田キャンパス

芝蘭会館 山内ホール
医学部構内マップ[21]
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_i.html

どなたでも参加いただけます。

先着150名

プログラム

司会: 服部 崇 京都大学経済研究所先端政策分析研究センター特定准教授

14時00分~14時10分 開会の挨拶
溝端 佐登史(京都大学経済研究所長・同先端政策分析研究センター長)
14時10分~14時40分 講演1「ドイツの気候変動政策とエネルギー転換」
ミランダ・シュラーズ(ミュンヘン工科大学バイエルン公共政策研究科環境気候政策教授)
14時40分~15時10分

講演2「日独エネルギー転換評議会の教訓」
久谷 一朗(一般財団法人日本エネルギー経済研究所研究理事・国際情勢分析第1グループマネージャー)

15時10分~15時40分

講演3「日本の気候変動政策とエネルギー転換」
諸富 徹(京都大学経済学研究科教授・地球環境学堂教授)

15時40分~16時00分 休憩
16時00分~17時25分

パネル討論「持続可能な社会のための政策デザイン」

【話題提供・司会】 服部 崇(京都大学経済研究所先端政策分析研究センター准教授)

【パネリスト】

  • ミランダ・シュラーズ(ミュンヘン工科大学バイエルン公共政策研究科環境気候政策教授)
  • 久谷 一朗(一般財団法人日本エネルギー経済研究所研究理事・国際情勢分析第1グループマネージャー)
  • 諸富 徹(京都大学経済学研究科教授・地球環境学堂教授)
17時25分~17時30分

閉会の挨拶

溝端 佐登史(京都大学経済研究所長・同先端政策分析研究センター長)

  • 講演は日本語で行われます。
  • やむを得ずプログラム・講演者が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

無料

※ 新型コロナウイルスの現況を踏まえ、中止となりました。

参加申し込みフォーム、またはハガキ、Faxのいずれかの方法でお申し込みください。後日入場証をお送りします。

参加申し込みフォーム

以下のURLよりお申し込みください。
https://cscenter.co.jp/kier2019-3/

ハガキまたはFax

以下の項目を明記の上、問い合わせ先までお申し込みください。

  • 氏名(ふりがな)
  • 連絡先(メールアドレス、Fax、住所のいずれか)


※ 新型コロナウイルスの現況を踏まえ、中止となりました。

京都大学経済研究所シンポジウム事務局 株式会社CSセンター内
〒604-8141 京都市中京区泉正寺町334番地 日昇ビル5階
Tel: 075-241-9620
Fax: 075-241-9692
E-mail: kier*cscenter.co.jp (*を@に変えてください)

主催:

京都大学経済研究所

  • 先端政策分析研究センター(CAPS)
  • エビデンスベース社会構築事業
  • 先端経済理論の国際的共同研究拠点

共催:

京都大学社会科学統合研究教育ユニット
公益財団法人KIER経済研究財団


【中止】京都大学経済研究所主催シンポジウム「持続可能な社会のための政策デザイン ~気候変動政策とエネルギー転換~」 
Current image PNG image — 108 KB

PDF document icon poster.pdf — PDF document, 377 kB (386227 bytes)

No