News

インドネシア京都大学同窓会を開催しました。(2018年11月29日)


2019年01月11日

  • ニュース 大学から

  • 卒業生
  • 一般・地域

 京都大学ASEAN拠点は、インドネシア・ボゴール農業大学に所属する京都大学同窓生、インドネシア京都大学同窓会(HAKU)と協力し、インドネシア京都大学同窓会を開催しました。

 これは、ASEAN拠点が実施するASEAN各国の同窓会活動との連携および推進を目指す活動の一つであり、インドネシア・ボゴールにて開催された「京都大学・ボゴール農業大学 – アジアにおける地球環境学教育・研究に関する国際シンポジウム」に先駆けて開催されたものです。

 本会は、ボゴール農業大学の同窓生を代表し、Ernan Rustiadi ボゴール農業大学教育プログラム部長、Suharman Hamzah HAKU会長の挨拶で始まりました。続いて、稲葉カヨ 理事・副学長が、歓迎のメッセージとともに、2018年10月29日から30日に開催された第12回東南アジアネットワークフォーラムに続き、今回も多数のインドネシア同窓生が集まったことに驚きと感謝の意を述べました。

 本会には、国際シンポジウムに参加する本学やボゴール農業大学の教職員、学生に加え、インドネシア各地からの同窓生、ジャカルタ京大会のメンバーら40名以上が参加し、総勢110名以上が集い、参加者同士が盛んに言葉を交わし、終始賑やかな様子でした。

 最後に、速水洋子 東南アジア地域研究研究所長・教授が今後の同窓生同士のつながりとHAKUの更なる発展を祈念し、盛会のうちに終了しました。

左から、ウェルカムスピーチを述べるErnan教育プログラム部長、Suharman会長、稲葉理事・副学長、閉会の挨拶を述べる速水所長

全体集合写真

 


インドネシア京都大学同窓会を開催しました。(2018年11月29日)
現在の画像 JPEG image — 243 KB

No