研究成果

DNAメチル化酵素DNMT3AおよびDNMT3Bの特異的機能の発見 -哺乳類の発生過程やがん発症のメカニズム解明に貢献-


2020年07月01日


     蒲田未央 iPS細胞研究所特定職員、山本拓也 同准教授(高等研究院ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi)主任研究者)、八木正樹 ハーバード大学リサーチフェロー、山田泰広 東京大学教授らの研究グループは、多能性幹細胞における遺伝子破壊技術と網羅的なDNAメチル化解析技術を組み合わせることにより、DNAメチル化酵素であるDNMT3Aと DNMT3Bの特異的な標的部位の同定に世界で初めて成功しました。

     また個体発生過程において、DNMT3Aは分化関連遺伝子を、DNMT3BはX染色体遺伝子を特異的に制御していることがわかりました。

     さらに本研究で同定したDNMT3の特異的標的遺伝子は、DNMT3遺伝子に変異を持つがんや疾患においてもメチル化に異常があることがわかりました。

     本研究成果は、哺乳類の発生過程でのDNAメチル化制御機構の一端の解明に繋がり、さらにはDNAメチル化異常を有するがん・疾患の発症メカニズムの解明や新規治療戦略の確立に貢献できる可能性があります。

     本研究成果は、2020年6月24日に、国際学術誌「Nature Communications」のオンライン版に掲載されました。

    図:本研究の概要図

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1038/s41467-020-16989-w

    【KURENAIアクセスURL】http://hdl.handle.net/2433/252378

    Masaki Yagi, Mio Kabata, Akito Tanaka, Tomoyo Ukai, Sho Ohta, Kazuhiko Nakabayashi, Masahito Shimizu, Kenichiro Hata, Alexander Meissner, Takuya Yamamoto & Yasuhiro Yamada (2020). Identification of distinct loci for de novo DNA methylation by DNMT3A and DNMT3B during mammalian development. Nature Communications, 11:3199.


    DNAメチル化酵素DNMT3AおよびDNMT3Bの特異的機能の発見 -哺乳類の発生過程やがん発症のメカニズム解明に貢献-
    現在の画像 JPEG image — 151 KB

    No