研究成果

感染防御に寄与する酵素の制御機構を解明 -感染症や免疫不全の新規治療ターゲットへ-


2020年05月15日


     伏屋康寛 医学研究科特定助教、岩井一宏 同教授、髙橋良輔 同教授、キム ミンス 同特定准教授らの研究グループは、大竹史明 星薬科大学特任准教授、佐伯泰 東京都医学総合研究所副参事研究員らと共同で、免疫応答や細胞死制御に加え、感染防御に重要な役割を果たす複合体ユビキチンリガーゼLUBACの新規活性制御機構を明らかにしました。

     LUBACは3量体であり、直鎖状ユビキチン鎖を生成するHOIPに加え、HOIL-1Lもユビキチンリガーゼ(E3)の酵素活性を有していますが、その役割は不明でした。今回本研究グループは、HOIL-1LのE3酵素活性はLUBACの直鎖状ユビキチン鎖生成能を抑制しており、HOIL-1LのE3活性を阻害すれば、LUBACの機能を増強できることを見出しました。

     LUBACは赤痢菌やレジオネラ菌などの細菌感染症やウイルス感染症制御に深く関わっており、LUBACの機能低下は免疫不全を伴う自己炎症性症候群の原因となります。本研究グループは、HOIL-1LのE3酵素活性を阻害することでサルモネラ菌感染の抑制、LUBAC機能不全による自己炎症性皮膚炎を治癒できることを明らかにしました。これは、HOIL-1Lの酵素活性阻害は感染症の治療や免疫不全患者の治療につながる可能性を示唆しており、本研究グループはHOIL-1LのE3酵素活性阻害剤の開発に着手しています。

     本研究成果は、2020年5月12日に、国際学術誌「Nature Cell Biology」のオンライン版に掲載されました。

    図:本研究の概要図

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1038/s41556-020-0517-9

    Yasuhiro Fuseya, Hiroaki Fujita, Minsoo Kim, Fumiaki Ohtake, Akira Nishide, Katsuhiro Sasaki, Yasushi Saeki, Keiji Tanaka, Ryosuke Takahashi & Kazuhiro Iwai (2020). The HOIL-1L ligase modulates immune signalling and cell death via monoubiquitination of LUBAC. Nature Cell Biology.

    • 日刊工業新聞(5月21日 19面)に掲載されました。

    感染防御に寄与する酵素の制御機構を解明 -感染症や免疫不全の新規治療ターゲットへ-
    現在の画像 JPEG image — 31 KB

    No