研究成果

粒子加速器を用いたBNCT(ホウ素中性子捕捉療法)が実現 -頭頸部がんを対象とした医療機器・医薬品の製造販売承認を獲得-


2020年04月02日


     小野公二 名誉教授、丸橋晃 名誉教授、鈴木実 複合原子力科学研究所教授、田中浩基 同准教授らの研究グループは、住友重機械工業株式会社、ステラファーマ株式会社らと共同で、サイクロトロン方式によるBNCT(Boron Neutron Capture Therapy:ホウ素中性子捕捉療法)を実現しました。

     本研究グループは、2007年から加速器を用いたBNCTシステムの開発を住友重機械工業株式会社と進め、2008年末に同システムを設置しました。このシステムはサイクロトロンで加速した30MeV陽子ビームをベリリウム標的に入射することで発生する中性子をBNCTに適したエネルギーに変換し照射する装置です。

     さらにステラファーマ株式会社とのホウ素薬剤の共同非臨床試験を経て、ステラファーマ株式会社および住友重機械工業株式会社の企業治験として、2012年に再発悪性神経膠腫に対し世界初の加速器BNCTの第I相臨床試験を開始、2014年から同様に頭頸部がんに対する第I相臨床試験を開始、2016年からは南東北BNCT研究センターが新たに加わり第II相臨床試験を行いました。この結果に基づいて、2019年には承認申請が行われ、切除不能な局所進行又は局所再発の頭頸部がんを対象として、2020年3月11日に住友重機械工業株式会社が医療機器、2020年3月25日にステラファーマ株式会社が医薬品の製造販売承認を取得しました。

     引き続き、再発悪性神経膠腫を適応疾患に追加する承認申請が計画されており、今後より多くの疾患に対して適応されることが期待されています。

    図:(上)BNCT治療システム概略図、(左下)サイクロトロン、(右下)複合原子力科学研究所と同一設計の関西BNCT共同医療センター照射室

    詳しい研究内容について


    粒子加速器を用いたBNCT(ホウ素中性子捕捉療法)が実現 -頭頸部がんを対象とした医療機器・医薬品の製造販売承認を獲得-
    現在の画像 JPEG image — 167 KB

    No