研究成果

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)罹患時の死亡リスクを推定 -2020年1月〜2月の中国を対象として-


2020年04月15日


     水本憲治 白眉センター特定助教らの研究グループは、2020年1月〜2月の、中国における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による患者数と死亡者数のデータを用い、新型コロナウイルス感染症罹患時の死亡リスクを推定しました。

     死亡リスク推定にあたっては、被害規模の観点から、中国を(1)武漢市、(2)湖北省(武漢市を除く)、(3)中国全体(湖北省を除く)、の3地域に区分し、入院から死亡までの時間遅れを調整しました。

     時間遅れ調整後の死亡リスクは、武漢市においては12%に達する一方で、他の地域では概ね1%程度と推定されました。武漢市における高い死亡割合の原因としては、院内感染等の医療システムの崩壊の他、未報告の患者数の増加等の要因等が考えられ、手洗い等の個人的な実践の他、社会的隔離や移動制限の重要性が示唆されました。

     本研究成果は、2020年3月13日に、国際学術誌「Emerging Infectious Disease」のオンライン版に掲載されました。

    図:中国3地域における時間調整後死亡率(2020211日時点)

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.3201/eid2606.200233

    Kenji Mizumoto and Gerardo Chowell (2020). Estimating Risk for Death from 2019 Novel Coronavirus Disease, China, January–February 2020. Emerging Infectious Diseases, 26(6).

    • 日刊工業新聞(4月16日 23面)および読売新聞(4月16日 2面)に掲載されました。

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)罹患時の死亡リスクを推定 -2020年1月〜2月の中国を対象として-
    現在の画像 JPEG image — 127 KB

    No