研究成果

生殖細胞が卵母細胞へと分化する仕組みを解明


2020年02月14日


    ※ 図を一部を修正しました。(2020年2月20日)

     斎藤通紀 高等研究院ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi)拠点長、長岡創 ASHBi特定研究員らの研究グループは、マウスを用いた実験で、生殖細胞が雌型に性決定し卵母細胞へと分化する仕組みを解明しました。

     これまで本研究グループは、マウス多能性幹細胞からシグナル因子を用いて卵母細胞を誘導することに成功していましたが、その仕組みは不明でした。本研究では、卵母細胞分化の決定因子として、転写因子Zinc finger GATA like protein 1(ZGLP1)を同定し、その作用機序の詳細な解析を行うことで、どのように雌型の性決定が起こり卵子形成プログラムが開始されるかを明らかにしました。

     本研究は、生殖細胞の性決定機構を明らかにした成果であり、将来的にはヒト多能性幹細胞から卵子を誘導する技術開発の促進、不妊症の原因解明などに役立つと期待されます。

     本研究成果は、2020年2月14日に、国際学術誌「Science」のオンライン版に掲載されました。

    図:胚齢15.5日目のマウス卵母細胞(左)、転写因子ZGLP1の効果により卵母細胞へと分化した始原生殖細胞様細胞(右)

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1126/science.aaw4115

    【KURENAIアクセスURL】 http://hdl.handle.net/2433/251

    So I. Nagaoka, Fumio Nakaki, Hidetaka Miyauchi, Yoshiaki Nosaka, Hiroshi Ohta, Yukihiro Yabuta, Kazuki Kurimoto, Katsuhiko Hayashi, Tomonori Nakamura, Takuya Yamamoto, Mitinori Saitou (2020). ZGLP1 is a determinant for the oogenic fate in mice. Science, 367(6482), eaaw4115.

    • 朝日新聞(2月20日 22面)および読売新聞(2月18日夕刊 8面)に掲載されました。

    生殖細胞が卵母細胞へと分化する仕組みを解明
    現在の画像 JPEG image — 238 KB

    No