研究成果

シャム猫のような体色パターンをもつマントヒヒの遺伝子変異を同定 -メラニン合成を担う酵素の遺伝子が変化-


2020年03月17日


     古賀章彦 霊長類研究所教授、久川智恵美 わんぱーくこうちアニマルランド飼育係長、吉澤未来 同園長の研究グループは、シャム猫のような独特な体色に変化したマントヒヒについて、色素合成に関わる遺伝子に生じている変化を同定しました。

     わんぱーくこうちアニマルランド(高知県高知市)で1994年に誕生したマントヒヒ「シーマ」は、誕生時点では身体全体が真っ白でしたが、2歳頃から部分的に色が着きはじめ、大人になった現在では、シャム猫のように手足の先と尾が灰色で、顔にも少し着色があります。シャム猫の体色は、メラニン合成を担う酵素チロシナーゼを作る遺伝子の変異が原因です。そのため、本研究グループは、シーマのチロシナーゼ遺伝子の塩基配列を解析し、通常の体色を持つマントヒヒと比較しました。

     その結果、シーマはチロシナーゼ遺伝子に変異があり、そのためチロシナーゼの365番目のアミノ酸が、アラニンからトレオニンに変化していることが分かりました。チロシナーゼ遺伝子の363番目と367番目は酵素の機能にとって重要な場所であるため、この365番目の変異がシーマの独特な体色の原因になっていると考えられます。

     本研究成果は、2020年2月13日に、国際学術誌「Genome」にオンライン版に掲載されました。

    図:シャム猫(左上)のような体色に変化したマントヒヒの「シーマ」(シーマの写真:古賀章彦

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1139/gen-2020-0003

    Akihiko Koga, Chiemi Hisakawa, Miki Yoshizawa (2020). Baboon bearing resemblance in pigmentation pattern to Siamese cat carries a missense mutation in the tyrosinase gene. Genome.


    シャム猫のような体色パターンをもつマントヒヒの遺伝子変異を同定 -メラニン合成を担う酵素の遺伝子が変化-
    現在の画像 JPEG image — 145 KB

    No