研究成果

PD-1抗体がん免疫治療の有効性を判別するバイオマーカーを同定 -血液検査のみで有効性の診断が可能に-


2020年01月31日


     本庶佑 高等研究院副院長・特別教授、茶本健司 医学研究科特定准教授、波多江龍亮 同研究員(現・九州大学助教)らの研究グループは、肺がん患者の血液でPD-1阻害抗体の効果を判定する方法を発見しました。

     肺がん患者の血中免疫細胞のエネルギー代謝状態や、血漿中の代謝産物に注目し、4項目を調べることでPD-1阻害抗体が効く患者と効かない患者を高い確率で見分けることに成功しました。この方法は血液を使用するため、侵襲性の少ない診断法として期待されます。またPD-1阻害がん免疫治療の有効性を予測できるだけでなく、治療効果を改善するための次の研究につながることも考えられます。

     本研究成果は、2020年1月30日に、国際学術誌「JCI Insight」のオンライン版に掲載されました。

    図:本研究の概要図

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1172/jci.insight.133501

    【KURENAIアクセスURL】 http://hdl.handle.net/2433/245622

    Ryusuke Hatae, Kenji Chamoto, Young Hak Kim, Kazuhiro Sonomura, Kei Taneishi, Shuji Kawaguchi, Hironori Yoshida, Hiroaki Ozasa, Yuichi Sakamori, Maryam Akrami, Sidonia Fagarasan, Izuru Masuda, Yasushi Okuno, Fumihiko Matsuda, Toyohiro Hirai, and Tasuku Honjo. (2020). Combination of host immune metabolic biomarkers for the PD-1 blockade cancer immunotherapy. JCI Insight, 5(2):e133501.

    • 朝日新聞(1月31日 3面)、京都新聞(1月31日 25面)、産経新聞(1月31日 3面)、日刊工業新聞(1月31日 31面)、日本経済新聞(1月31日夕刊 14面)、毎日新聞(1月31日 27面)および読売新聞(1月31日 29面)に掲載されました。

    PD-1抗体がん免疫治療の有効性を判別するバイオマーカーを同定 -血液検査のみで有効性の診断が可能に-
    現在の画像 JPEG image — 115 KB

    No