研究成果

「スライムの化学」を利用した第5のがん治療法を開発 -液体のりの主成分でホウ素中性子捕捉療法の効果を劇的に向上-


2020年01月24日


     鈴木実 複合原子力科学研究所教授、野本貴大 東京工業大学助教、西山伸宏 同教授らの研究グループは、液体のりの主成分であるポリビニルアルコールを中性子捕捉療法用のホウ素化合物(ボロノフェニルアラニン=BPA)に加えるだけで、その治療効果を大幅に向上できることを発見し、マウスの皮下腫瘍をほぼ消失させることに成功しました。

     BPAはがんに選択的に集積することができる優れたホウ素化合物ですが、がんに長期的に留まることができず、その滞留性を向上させることが強く望まれていました。本研究グループは、スライムの化学を利用してポリビニルアルコールにBPAを結合することにより、結合させた物質ががん細胞に選択的かつ積極的に取り込まれ、その滞留性を大きく向上できることを発見しました。さらに、本学研究用原子炉にて、マウスの皮下腫瘍に対するその治療効果を検討した結果、ほぼ根治することを確認しました。

     本研究成果は、従来の方法では治療困難ながんに対する革新的治療法として応用が期待されます。

     本研究成果は、2020年1月23日に、国際学術誌「Science Advances」のオンライン版に掲載されました。

    図:本研究の概要図

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1126/sciadv.aaz1722

    【KURENAIアクセスURL】 http://hdl.handle.net/2433/245451

    Takahiro Nomoto, Yukiya Inoue, Ying Yao, Minoru Suzuki, Kaito Kanamori, Hiroyasu Takemoto, Makoto Matsui, Keishiro Tomoda and Nobuhiro Nishiyama (2020). Poly(vinyl alcohol) boosting therapeutic potential of p-boronophenylalanine in neutron capture therapy by modulating metabolism. Science Advances, 6(4):eaaz1722.

    • 朝日新聞(1月23日夕刊 8面、2月7日 27面)および日本経済新聞(2月3日 9面)に掲載されました。

    「スライムの化学」を利用した第5のがん治療法を開発 -液体のりの主成分でホウ素中性子捕捉療法の効果を劇的に向上-
    現在の画像 JPEG image — 238 KB

    No