研究成果

新しい乳癌誘導系でエストロゲンによる発癌メカニズムの一端を解明


2020年01月23日


     伊東潤二 医学研究科客員研究員(神戸医療産業都市推進機構先端医療研究センター研究員)、戸井雅和 同教授らの研究グループは、乳癌の発癌因子の関係を体系的に理解するため、マウスの正常乳腺組織に初期の乳癌を誘導する方法を構築しました。

     そして、DNA修復能が低下したときに、エストロゲン(女性ホルモン)に誘導されるMyc遺伝子の発現が高まり、乳腺上皮細胞が増殖し、ヒト乳癌の初期で見られる様な異形成が起こることを明らかにしました。また、浸潤性の乳腺上皮細胞も観察されました。さらに、別の女性ホルモンのプロゲステロンで異形成が抑えられることを明らかにしました。

     本研究成果により乳癌の発癌メカニズムや予防の研究が進むと期待されます。

     本研究成果は、2020年1月9日に、国際学術誌「iScience」のオンライン版に掲載されました。

    図:エストロゲンとDNA修復能低下による異形成

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1016/j.isci.2020.100821

    【KURENAIアクセスURL】 http://hdl.handle.net/2433/245443

    Junji Itou, Rei Takahashi, Hiroyuki Sasanuma, Masataka Tsuda, Suguru Morimoto, Yoshiaki Matsumoto, Tomoko Ishii, Fumiaki Sato, Shunichi Takeda, Masakazu Toi (2020). Estrogen Induces Mammary Ductal Dysplasia via the Upregulation of Myc Expression in a DNA-Repair-Deficient Condition. iScience, 23(2):100821.

    • 日本経済新聞(1月27日 9面)に掲載されました。

    新しい乳癌誘導系でエストロゲンによる発癌メカニズムの一端を解明
    現在の画像 JPEG image — 143 KB

    No