研究成果

T細胞受容体シグナル伝達を細胞骨格アクチンが促進する機能を解明 -感染防御・自己免疫疾患・白血病の中心的細胞の活性化メカニズム解析-


2020年01月06日


     成宮周 名誉教授(医学研究科特任教授)、タムケオ・ディーン 医学研究科特定准教授、桂義親 同博士課程学生らの研究グループは、T細胞受容体刺激によるシグナル伝達において、重要なシグナル分子であるタンパク質Zap70による基質LATへのシグナル伝達に、フォルミン(formin)タンパク質ファミリーによって重合されるアクチンが不可欠であることを発見しました。

     高解像度イメージングを用いた解析により、このアクチンはT細胞刺激によってダイナミックに重合・脱重合し、シグナル分子の空間的な配置を制限することで情報伝達を促進することを見出しました。さらにforminファミリーの中でもmDia1とmDia3が特に重要な働きをすることも明らかになりました。

     これらの結果は感染症や自己免疫疾患等、T細胞の関連する多くの疾患に対する新たなアプローチでの創薬に繋がる可能性を提示しています。

     本研究成果は、2020年1月2日に、国際学術誌「Science Advances」のオンライン版に掲載されました。

    図:本研究の概要図

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1126/sciadv.aay2432

    【KURENAIアクセスURL】 http://hdl.handle.net/2433/245246

    D. Thumkeo, Y. Katsura, Y. Nishimura, P. Kanchanawong, K. Tohyama, T. Ishizaki, S. Kitajima, C. Takahashi, T. Hirata, N. Watanabe, M. F. Krummel and S. Narumiya (2020). mDia1/3-dependent actin polymerization spatiotemporally controls LAT phosphorylation by Zap70 at the immune synapse. Science Advances, 6(1):eaay2432.

    • 京都新聞(1月8日 23面)および日刊工業新聞(1月7日 23面)に掲載されました。

    T細胞受容体シグナル伝達を細胞骨格アクチンが促進する機能を解明 -感染防御・自己免疫疾患・白血病の中心的細胞の活性化メカニズム解析-
    現在の画像 JPEG image — 106 KB

    No