研究成果

歩行学習支援ロボット「Orthobot」を開発 -「今使っている装具がロボットに変わる」新しい発想のリハビリ支援ロボット-


2019年12月12日


     大畑光司 医学研究科講師、川崎詩歩未 同博士課程学生、坪山直生 佛教大学教授、澤田祐一 京都工芸繊維大学教授、東善之 同助教らの研究グループは、COI拠点において歩行学習支援ロボット「Orthobot」(オルソボット)を開発しました。

     Orthobotは、歩行に何らかの障害を抱える人々の歩行リハビリテーションを補助する装着型アシストロボットです。従来のリハビリテーションロボットは装着に時間がかかり、専門家による設定が必要であるなど、専門家のいない介護現場では利用が困難でした。

     本機器はモーターとセンサーを内蔵した本体ユニットを、使用者が歩行リハビリテーションにおいてKAFO(長下肢装具)に取り付けるだけで、装着者の歩行を本来あるべき歩行運動に誘導することができます。本機器を使用することにより、歩行が不安定になった方に対して、簡便に正常な歩行を体験させることが可能になります。

     本機器は製品化され、2020年3月に発売を予定しています。

    図:(左)Orthobot本体ユニットと腰ベルトユニット。(右)本機器をKAFOに装着した様子。

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1109/ICORR.2017.8009264

    Shihomi Kawasaki, Koji Ohata, Tadao Tsuboyama, Yuichi Sawada, Yoshiyuki Higashi (2019). Development of new rehabilitation robot device that can be attached to the conventional Knee-Ankle-Foot-Orthosis for controlling the knee in individuals after stroke. 2017 International Conference on Rehabilitation Robotics (ICORR), 2017, 304-307.

    • 日刊工業新聞(1月3日 11面)および読売新聞(12月17日 27面)に掲載されました。

    歩行学習支援ロボット「Orthobot」を開発 -「今使っている装具がロボットに変わる」新しい発想のリハビリ支援ロボット-
    現在の画像 JPEG image — 162 KB

    No