研究成果

太陽系外縁天体が星を隠す瞬間の高感度観測に成功 -トモエゴゼンが実現する太陽系の果ての究明-


2019年11月27日


     有松亘 理学研究科研究員らの研究グループは、東京大学木曽観測所の新観測装置トモエゴゼンを用いて、太陽系外縁部の準惑星候補天体クワオアー(Quaoar)によって恒星が隠される「掩蔽」(えんぺい)と呼ばれる現象について、前例のない高感度な動画観測に成功しました。

     クワオアーは過去の研究によって大気の存在する可能性が指摘されていたユニークな外縁天体でしたが、今回の観測結果からクワオアー表面には大気がほとんど存在しないことが明らかになりました。今後も本研究のような掩蔽を利用した高感度動画観測を実行することで、極めて遠方に位置するために詳細の解明が困難であった太陽系外縁天体の真の姿が急速に明らかになると期待されます。

     本研究成果は、2019年11月19日に、国際学術誌「The Astronomical Journal」のオンライン版に掲載されました。

    図:トモエゴゼンによる恒星掩蔽観測に成功し、大気がほとんど存在しないことが判明した太陽系外縁天体クワオアーの想像図。(有松亘/AONEKOYA)

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.3847/1538-3881/ab5058

    Ko Arimatsu, Ryou Ohsawa, George L. Hashimoto, Seitaro Urakawa, Jun Takahashi, Miyako Tozuka, Yoichi Itoh, Misato Yamashita, Fumihiko Usui, Tsutomu Aoki, Noriaki Arima, Mamoru Doi, Makoto Ichiki, Shiro Ikeda, Yoshifusa Ita, Toshihiro Kasuga, Naoto Kobayashi, Mitsuru Kokubo, Masahiro Konishi, Hiroyuki Maehara, Noriyuki Matsunaga, Takashi Miyata, Mikio Morii, Tomoki Morokuma, Kentaro Motohara, Yoshikazu Nakada, Shin-ichiro Okumura, Shigeyuki Sako, Yuki Sarugaku, Mikiya Sato, Toshikazu Shigeyama, Takao Soyano, Hidenori Takahashi, Ken'ichi Tarusawa, Nozomu Tominaga, Jun-ichi Watanabe, Takuya Yamashita, and Makoto Yoshikawa (2019). New Constraint on the Atmosphere of (50000) Quaoar from a Stellar Occultation. The Astronomical Journal, 158(6):236.


    太陽系外縁天体が星を隠す瞬間の高感度観測に成功 -トモエゴゼンが実現する太陽系の果ての究明-
    現在の画像 JPEG image — 139 KB

    No