研究成果

植物が芽を増やすための太古から受け継がれた仕組みを解明


2019年11月12日


     安居佑季子 生命科学研究科助教、河内孝之 同教授、石崎公庸 神戸大学准教授、久保浩義 信州大学教授、大和勝幸 近畿大学教授、Klaus Theres マックスプランク植物育種学研究所博士らの研究グループは、陸上植物の共通祖先に近いコケ植物ゼニゴケを用いて、植物体から新たな芽をもつ独立したクローン個体を増殖させるための重要な因子を同定することに成功しました。さらに今回発見した因子は、被子植物の芽を増やす働きをもつ因子と共通する起源をもつことも明らかとなりました。

     今回の発見は、植物が生涯、芽を増やし続ける仕組みの起源が、コケ植物と被子植物が別れた4億年以上前に遡ることを示唆しています。今後、この因子が関わる芽を増やす仕組みを更に解析することで、農業や園芸分野において、様々な植物を効率よく増産させる技術の改良に貢献できると期待されます。

     本研究成果は、2019年11月8日に、国際学術誌「Current Biology」に掲載されました。

    図:本研究の概要図

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1016/j.cub.2019.10.004

    Yukiko Yasui, Shigeyuki Tsukamoto, Tomomi Sugaya, Ryuichi Nishihama, Quan Wang, Hirotaka Kato, Katsuyuki  T. Yamato , Hidehiro Fukaki, Tetsuro Mimura, Hiroyoshi Kubo, Klaus Theres, Takayuki Kohchi and Kimitsune Ishizaki (2019). GEMMA CUP-ASSOCIATED MYB1, an Ortholog of Axillary Meristem Regulators, Is Essential in Vegetative Reproduction in Marchantia polymorpha. Current Biology.


    植物が芽を増やすための太古から受け継がれた仕組みを解明
    現在の画像 JPEG image — 113 KB

    No