研究成果

フィルム型ペロブスカイト太陽電池を活用した自立電源型IoT環境センサーシステムを開発


2019年10月18日


     若宮淳志 化学研究所教授、リコー電子デバイス株式会社、ニチコン株式会社の研究グループは、世界初フィルム型ペロブスカイト太陽電池を活用した自立電源型IoT環境センサーシステムを開発しました(IoT:Internet of Things、物がインターネット経由で情報交換し相互に制御する仕組み)。

     本システムは、フィルム型ペロブスカイト太陽電池で発電した電気を、エナジーハーベスト用低消費電流降圧DC-DCコンバータで降圧し、小形リチウムイオン二次電池に蓄電します。そして、蓄電したエネルギーを低消費電流昇降圧DC-DCコンバータで昇降圧し、温度、湿度、気圧、照度を測定できるセンサーと無線モジュールを駆動させることで、センサーが感知した情報をBluetooth(BLE)で送信し、データ収集ができる仕組みとなっています。

     本システムによって、スマートホームやスマート農業などIoTを活用した仕組みがますます普及することが期待されます。

     本製品は、2019年10月15日~18日に幕張メッセで開催される「CEATEC 2019」において出展・発表されます。

    図:本研究の概要図

    詳しい研究内容について


    フィルム型ペロブスカイト太陽電池を活用した自立電源型IoT環境センサーシステムを開発
    現在の画像 JPEG image — 187 KB

    No