研究成果

2016年2月の台湾南部地震直前の電離圏異常を発見 -電離圏データ解析が大地震の減災・防災に資する可能性-


2019年10月17日


     梅野健 情報学研究科教授、後藤振一郎 同特定研究員(現・統計数理研究所特任准教授)、打田凌馬 同修士課程学生(研究当時)、五十嵐喜良 同研究員、高明慧 同専門業務職員の研究グループは、陳佳宏 台湾国立成功大学助理教授、台湾中央気象局と共同で、2016年2月に発生したマグニチュード6.4の台湾南部地震(美濃地震)を対象に、本研究グループが開発した、複数のGPS観測局から地震発生前のデータを用いて電離圏電子数異常を捉えるデータ解析法(相関解析法:CRA-CoRrelation Analysis)による解析を行った結果、マグニチュード6クラスの内陸型地震である台南地震発生直前の、電離圏電子数の異常を明瞭に捉えることに成功しました。

     本研究成果は、2019年10月15日に、国際学術誌「Journal of Geophysical Research -Space Physics」のオンライン版に掲載されました。

    図:本研究の概要図

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】https://doi.org/10.1029/2019JA026640

    Shin‐itiro Goto, Ryoma Uchida, Kiyoshi Igarashi, Chia‐Hung Chen, Minghui Kao and Ken Umeno (2019). Pre‐seismic ionospheric anomalies detected before the 2016 Taiwan earthquake. Journal of Geophysical Research: Space Physics.

    • NHK(10月17日)および読売テレビ(10月17日)で放送されました。

    2016年2月の台湾南部地震直前の電離圏異常を発見 -電離圏データ解析が大地震の減災・防災に資する可能性-
    現在の画像 JPEG image — 113 KB

    No