研究成果

DNAオリガミによる人工細胞微小カプセルの開発に成功 -機能をプログラム可能な分子ロボットの開発に期待-


2019年09月24日


     遠藤政幸 理学研究科准教授、瀧ノ上正浩 東京工業大学准教授、石川大輔 同研究員(現・首都大学東京)、鈴木勇輝 東北大学助教、川野竜司 東京農工大学准教授、柳澤実穂 東京大学准教授らの研究グループは、DNAオリガミで作製したDNAナノプレートによって細胞膜を模倣した、人工細胞(微小カプセル)の開発に世界で初めて成功しました。

     人工的な膜に細胞膜のような複雑な機能を持たせるには、性質や機能を自在に設計可能な物質を材料とする必要がありました。本研究で開発した、DNAを膜の材料とする微小カプセルでは、DNAの塩基配列を設計することで膜の機能を自在に設計でき、「プログラム」した機能をコンピュータソフトウェアのようにインストールできます。

     本技術は、分子コンピュータや分子センサーを搭載した分子ロボットや、薬剤送達等への応用が期待されます。

     本研究成果は、2019年9月13日に、国際学術誌「Angewandte Chemie International Edition」のオンライン版に掲載されました。

    図:DNAオリガミによる人工細胞微小カプセルのイメージ

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1002/anie.201908392

    Daisuke Ishikawa, Yuki Suzuki, Chikako Kurokawa, Masayuki Ohara, Misato Tsuchiya, Masamune Morita, Miho Yanagisawa, Masayuki Endo, Ryuji Kawano, Masahiro Takinoue (2019). DNA Origami Nanoplate-Based Emulsion with Nanopore Function. Angewandte Chemie International Edition, 58.


    DNAオリガミによる人工細胞微小カプセルの開発に成功 -機能をプログラム可能な分子ロボットの開発に期待-
    現在の画像 JPEG image — 183 KB

    No