研究成果

蛍光共鳴エネルギー移動に基づく二光子励起光遺伝学操作法を開発 -生体内で個々の細胞の情報伝達を光でコントロールする-


2019年09月10日


     寺井健太 生命科学研究科准教授、松田道行 同教授、金城智章 医学研究科博士課程学生らの研究グループは、二光子励起で効率よく活性化できる蛍光タンパク質からの蛍光共鳴エネルギー移動を利用して、植物が光を感じ取るための光応答性分子であるCRY2を二光子励起で活性化する技術を開発しました。

     また、本研究では二光子励起の性質を利用して、生体内での多種多様な細胞の中から、狙った単一の細胞のみで、細胞の増殖や分化に重要な分子であるERKの活性をコントロールすることに成功しました。

     本研究成果により、従来は調べることができなかった、生体の中で1つの細胞が周囲に与える影響を解析することが可能になります。これにより、生体内での細胞同士の情報伝達の理解が進み、様々な疾患の病態解明に繋がると期待されます。

     本研究成果は、2019年9月10日に、国際学術誌「Nature Methods」のオンライン版に掲載されました。

    図:本研究の概要図

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1038/s41592-019-0541-5

    Tomoaki Kinjo, Kenta Terai, Shoichiro Horita, Norimichi Nomura, Kenta Sumiyama, Kaori Togashi, So Iwata & Michiyuki Matsuda (2019). FRET-assisted photoactivation of flavoproteins for in vivo two-photon optogenetics. Nature Methods.

    • 日刊工業新聞(9月10日 21面)および読売新聞(9月14日 14面)に掲載されました。

    蛍光共鳴エネルギー移動に基づく二光子励起光遺伝学操作法を開発 -生体内で個々の細胞の情報伝達を光でコントロールする-
    現在の画像 JPEG image — 49 KB

    No