研究成果

「がらくたDNA」がDNA上を移動する仕組みを解明 -宿主因子を巧妙に利用した移動戦略-


2019年08月29日


     三好知一郎 生命科学研究科准教授、牧野竹志 同修士課程学生は、John Moran 米国・ミシガン大学教授と共同で、「がらくたDNA」の一種であり、自らのDNA配列を移動させる転移因子LINE-1の転移に関わるメカニズムを明らかにしました。

     生物のDNA配列の中には、がらくたDNAとも呼ばれる存在意義のよく分からない配列が多く存在しています。その一種であるLINE-1が、細胞内でどうやって移動しているのか、そのメカニズムは長らく不明でした。

     本研究グループは、ヒトLINE-1が作り出すORF1とORF2という移動に関わるタンパク質に着目して解析を進めたところ、PARP2というDNAの傷を修復するタンパク質が、LINE-1が他の場所に狙いを定めて入り込む瞬間を検知するセンサーとして働いていること、さらにLINE-1がDNAに入り込むのを助ける役割があることを発見しました。

     LINE-1が移動すると、ときに疾患につながる重篤なDNA変異につながることもあれば、細胞のがん化を促進することも報告されています。LINE-1の転移メカニズムの一端を明らかにしたことで、LINE-1によるDNA変異を抑止する手法の開発につながると期待されます。

     本研究成果は、2019年8月29日に、国際学術誌「Molecular Cell」のオンライン版に掲載されました。

    図:ヒトLINE-1の転移モデル

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1016/j.molcel.2019.07.018

    Tomoichiro Miyoshi. Takeshi Makino. John V. Moran (2019). Poly(ADP-Ribose) Polymerase 2 Recruits Replication Protein A to Sites of LINE-1 Integration to Facilitate Retrotransposition. Molecular Cell.


    「がらくたDNA」がDNA上を移動する仕組みを解明 -宿主因子を巧妙に利用した移動戦略-
    現在の画像 JPEG image — 194 KB

    No