研究成果

自己免疫疾患の新たな病態発症メカニズムを解明 -炎症性疾患におけるT細胞の新たな役割-


2019年09月06日


     佐々木克博 医学研究科講師、岩井一宏 同教授らの研究グループは、リンパ球(T細胞含む)が炎症を引き起こす新たなメカニズムを明らかにしました。

     本研究では、本研究グループが作成したマウスを用いた実験から、皮膚組織に浸潤した僅かな活性化T細胞が、生理活性物質TNFαを介して皮膚表皮細胞の細胞死を惹起することで、皮膚の慢性炎症を引き起こす病態機序を初めて明らかにしました。

     一般に、自己免疫疾患では炎症部位にリンパ球が存在しますが、今回発見した新たなタイプの炎症ではリンパ球はほとんど存在せず、むしろ好中球やマクロファージを含む自然免疫の細胞群が多く存在しており、このような炎症は、自然免疫系の過剰な活性化で引き起こされる疾患である「自己炎症性疾患」に特徴的なタイプです。

     本研究成果は、慢性関節リウマチなどの抗TNFα抗体が著効を示す自己免疫疾患の病態形成の解明に繋がる重要な成果であると同時に、リンパ球非依存的に発症すると考えられている自己炎症性疾患群の発症要因にT細胞が関与している可能性も示唆しています。

     本研究成果は、2019年8月28日に、国際学術誌「Nature Communications」のオンライン版に掲載されました。

    図:本研究の概要図

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1038/s41467-019-11858-7

    【KURENAIアクセスURL】 http://hdl.handle.net/2433/243883

    Katsuhiro Sasaki, Ai Himeno, Tomoko Nakagawa, Yoshiteru Sasaki, Hiroshi Kiyonari & Kazuhiro Iwai (2019). Modulation of autoimmune pathogenesis by T cell-triggered inflammatory cell death. Nature Communications, 10:3878.


    自己免疫疾患の新たな病態発症メカニズムを解明 -炎症性疾患におけるT細胞の新たな役割-
    現在の画像 JPEG image — 106 KB

    No