研究成果

北太平洋における海水中の鉄の化学形と分布を解明 -鉄の海盆規模の供給源と現存量-


2019年09月03日


     鄭臨潔 化学研究所助教、宗林由樹 同教授は、独自に開発した多元素一括分析法を用いて、海水中の全可溶態鉄(tdFe)、溶存態鉄(dFe)、および置換活性粒子態鉄(lpFe)の濃度の北太平洋における鉛直断面分布をはじめて明らかにしました。

     鉄(Fe)は地殻中の主要成分ですが、酸素を含むpH8の現代の海水中ではきわめて微量な成分です。この原因は、 海水中のFeが水酸化鉄として沈殿し、また粒子に吸着・除去されやすいからです。一方、Feは海洋生物にと って必須の栄養元素です。そのため海水中Feについて多くの研究が報告されてきましたが、Feの海洋生物地球化学の理解はまだ不完全です。

     本研究によって、lpFeはtdFeの約7割を占め、置換活性粒子態アルミニウム(lpAl)と強い相関があり、陸源物質の供給に支配されていることを見い出しました。また、北太平洋におけるtdFeの現存量を620億キログラムと推定しました。

     本研究成果は、海水中Feの研究に大きく貢献することが期待されます。

     本研究成果は、2019年8月12日に、国際学術誌「Scientific Reports」のオンライン版に掲載されました。

    図:本研究の研究海域と試料採取点

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1038/s41598-019-48035-1

    【KURENAIアクセスURL】 http://hdl.handle.net/2433/243868

    Linjie Zheng & Yoshiki Sohrin (2019). Major lithogenic contributions to the distribution and budget of iron in the North Pacific Ocean. Scientific Reports, 9:11652.


    北太平洋における海水中の鉄の化学形と分布を解明 -鉄の海盆規模の供給源と現存量-
    現在の画像 JPEG image — 82 KB

    No