研究成果

高強度・高延性マグネシウム合金を実現 -結晶粒サイズのナノ化による変形モード制御-


2019年08月23日


     鄭瑞暁 工学研究科特定研究員(現・北京航空航天大学准教授)、辻伸泰 同教授(兼・構造材料元素戦略研究拠点(ESISM)主任研究者)らの研究グループは、物質・材料研究機構と共同で、材料組織をナノスケールで制御することによって、高強度と高延性を併せ持つ軽量マグネシウム合金を作製することに成功しました。

     マグネシウム(Mg)は極めて軽量な元素であり、高い比強度(強度を密度で割った値)を持つため、自動車をはじめとする輸送機器などの軽量化をもたらす軽量高強度材料として非常に期待されています。一方、Mgは異方的な六方晶結晶構造を有するため、一般に延性・加工性に乏しく、それが大きな障害となっていました。

     本研究では、Mg合金を構成する結晶粒の大きさを1μm(マイクロメートル=100万分の1メートル)以下のナノスケールに超微細化することにより、高い強度と大きな引張延性を両立できることを見出し、そのメカニズムを明らかにしました。本研究成果は、Mg合金の可能性を大きく拡大することにつながることが期待されます。

     本研究成果は、2019年8月12日に、国際学術誌「Scientific Reports」のオンライン版に掲載されました。

    図:本研究の概要図

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    • 日刊工業新聞(8月21日 27面)に掲載されました。

    高強度・高延性マグネシウム合金を実現 -結晶粒サイズのナノ化による変形モード制御-
    現在の画像 JPEG image — 193 KB

    No