研究成果

トウガラシの辛味レベルを変化させる遺伝子変異を発見 -激辛・中辛・辛くないを作り分ける-


2019年08月30日


     田中義行 農学研究科准教授は、岡山大学、城西大学と共同で、トウガラシの辛味レベルを変化させる遺伝子変異を同定しました。

     トウガラシの辛味の強弱は、辛味成分カプサイシノイドの含量によって決まっています。トウガラシには様々な系統・品種があり、カプサイシノイド含量について大きな系統間差が認められますが、その含量の違いを決定している分子メカニズムはほとんど分かっていません。そのため、トウガラシ類の育種において、辛味レベルを調整することは困難でした。

     今回、本研究グループは、辛味成分合成経路の一遺伝子putative aminotransferase(pAMT)のトランスポゾン挿入位置の僅かな違いが、辛味レベルを変化させることを明らかにしました。pAMTはカプサイシノイドの生合成量を決める蛇口のような遺伝子であり、トランスポゾンの位置でその蛇口の締まり具合が変わることがわかりました。 

     見つかった様々な変異型pAMTが、トウガラシの辛味レベルを自在に調整する育種に活用されることが期待されます。

     本研究成果は、2019年7月19日に、国際学術誌「The Plant Journal」のオンライン版に掲載されました。

    図:様々な変異型pAMTによるトウガラシの辛味レベルの調整

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】https://doi.org/10.1111/tpj.14462

    Yoshiyuki Tanaka, Takaya Asano, Yorika Kanemitsu, Tanjuro Goto, Yuichi Yoshida, Kenichiro Yasuba, Yuki Misawa, Sachie Nakatani, Kenji Kobata (2019). Positional differences of intronic transposons in pAMT affect the pungency level in chili pepper through altered splicing efficiency. The Plant Journal.


    トウガラシの辛味レベルを変化させる遺伝子変異を発見 -激辛・中辛・辛くないを作り分ける-
    現在の画像 JPEG image — 134 KB

    No