研究成果

腎病変「巣状糸球体硬化症」の発症メカニズムを分子・細胞レベルで解明 -膜タンパク質TRPC6のブレーキ機構CDIの破綻が原因-


2019年07月10日


     森誠之 工学研究科准教授(現・産業医科大学教授)、オノー・ポラット 同博士課程学生、宇野雅俊 同博士課程学生、杤尾豪人 理学研究科教授らの研究グループは、腎病変の一つである巣状糸球体硬化症(Focal segmental glomerulosclerosis:FSGS)の発症メカニズムを分子および細胞レベルで解明しました。

     本研究グループは、カルシウムチャネルの一つTRPC6の活性にブレーキをかける、Ca2+依存的不活性化(Ca2+-dependent inactivation:CDI)と呼ばれる機構に関する研究を行い、その分子的基盤を得ました。そして、本知見をもとにFSGS型のTRPC6を解析したところ、解析した全てのFSGS型TRPC6において分子構造体の異常を伴ったCDIの破綻を認めました。さらにCDIの破綻がポドサイト(腎糸球体上皮細胞、通称たこ足細胞)の細胞骨格形成異常につながることを初めて確認しました。

     本研究成果はTRPC6のCDI分子機構を明らかにすると共に、このブレーキ機構の破綻がFSGS発症原因であるという新しい概念を提唱するもので、FSGSの診断、治療へ向けた重要な足がかりになると考えられます。

     本研究成果は、2019年7月3日に、国際学術誌「Journal of American Society of Nephrology」のオンライン版に掲載されました。

    図:(ACDIの概念図。(B)TRPC6のCDIとポドサイト(腎臓糸球体上皮細胞)の関連性。

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1681/ASN.2018070756

    Onur K. Polat, Masatoshi Uno, Terukazu Maruyama, Ha Nam Tran, Kayo Imamura, Chee Fah Wong, Reiko Sakaguchi, Mariko Ariyoshi, Kyohei Itsuki, Jun Ichikawa, Takashi Morii, Masahiro Shirakawa, Ryuji Inoue, Katsuhiko Asanuma, Jochen Reiser, Hidehito Tochio, Yasuo Mori and Masayuki X. Mori (2019). Contribution of Coiled-Coil Assembly to Ca2+/Calmodulin-Dependent Inactivation of TRPC6 Channel and its Impacts on FSGS-Associated Phenotypes. Journal of the American Society of Nephrology, 30(7).


    腎病変「巣状糸球体硬化症」の発症メカニズムを分子・細胞レベルで解明 -膜タンパク質TRPC6のブレーキ機構CDIの破綻が原因-
    現在の画像 JPEG image — 152 KB

    No