研究成果

金沢市の高校で捉えた放射線バーストで雷発生の瞬間に迫る


2019年06月26日


     榎戸輝揚 白眉センター特定准教授、和田有希 東京大学博士課程学生らの研究グループは、冬の雷活動によって発生した2種類の放射線バーストを、石川県金沢市の複数の高校で同時観測することに成功し、雷発生の前兆現象となった可能性を示しました。

     本研究グループは日本海沿岸部で発生する特徴的な冬の雷に注目して、放射線や電波帯での雷観測を行っており、2017年には雷放電によって大気中で原子核反応が起きる現象を解明しています。

     本研究では2018年1月10日に、石川県金沢市の上空を通過中の雷雲から1分間ほど発せられる微弱な「ロングバースト」と呼ばれる放射線バーストを観測しました。さらにそのロングバーストを観測している途中に雷放電が発生してロングバーストが消失し、続いて原子核反応に由来する1秒未満の短く明るい「ショートバースト」を観測しました。
     
     この継続時間の異なる2種類の放射線バーストの関係は未解明でしたが、今回の観測ではロングバーストが消失したと同時に、ショートバーストと雷放電が発生しており、ロングバーストがショートバーストや雷放電そのものの発生を促進した可能性を指摘しました。

     本研究成果は、2019年6月26日に、国際学術誌「Communications Physics」のオンライン版に掲載されました。

    図:一連の現象の模式図。雷放電が発生する前に雷雲からロングバーストが発せられ (左)、雷放電によってロングバーストが途絶、同時にショートバーストが発生した (右)。

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1038/s42005-019-0168-y

    【KURENAIアクセスURL】 http://hdl.handle.net/2433/242236 

    Yuuki Wada, Teruaki Enoto, Yoshitaka Nakamura, Yoshihiro Furuta, Takayuki Yuasa, Kazuhiro Nakazawa, Takeshi Morimoto, Mitsuteru Sato, Takahiro Matsumoto, Daisuke Yonetoku, Tatsuya Sawano, Hideo Sakai, Masashi Kamogawa, Tomoo Ushio, Kazuo Makishima & Harufumi Tsuchiya (2019). Gamma-ray glow preceding downward terrestrial gamma-ray flash. Communications Physics, 2:67.

    • 朝日新聞(7月4日 19面)、中日新聞(6月26日 21面)、日刊工業新聞(6月27日 23面)および日本経済新聞(6月26日 42面)に掲載されました。

    金沢市の高校で捉えた放射線バーストで雷発生の瞬間に迫る
    現在の画像 JPEG image — 86 KB

    No