研究成果

ギニア・ニンバ山の野生チンパンジーによるカニ採集を発見 -人間にもっとも近いヒト科の類人猿では初めて-


2019年05月30日


     松沢哲郎 高等研究院特別教授、カテリーナ・コープス チューリッヒ大学研究員(霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院 国際連携研究者)メイガン・フィッツジェラルド 野生動物研究センター博士課程学生らは、日米英スイスの4か国による共同研究によって、西アフリカ・ギニアのニンバ山で、熱帯の深い森にすむ野生チンパンジーが森の止水域(溜まり水)にすむサワガニをつかまえて常食していることを発見しました。

     水辺にすむカニクイザルなど霊長類20種でカニ食は知られていますが、チンパンジーなどヒト科の類人猿では、カニを食べるというのはこれまで全く知られていなかった採食行動です。本発見は、初期の人類がどのようにして水生動物食を始めたか、という問題の解明に示唆を与えるものです。

     本研究成果は、2019年5月29日に、国際学術誌「Journal of Human Evolution」のオンライン版に掲載されました。

    図:サワガニを採って食べるチンパンジー(Kathelijne Koops)

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1016/j.jhevol.2019.05.002

    Kathelijne Koops, Richard W. Wrangham, Neil Cumberlidge, Maegan A. Fitzgerald, Kelly L. van Leeuwen, Jessica M. Rothman, Tetsuro Matsuzawa (2019). Crab-fishing by chimpanzees in the Nimba Mountains, Guinea. Journal of Human Evolution.

    • 朝日新聞(5月30日 25面)、京都新聞(5月30日 25面)、産経新聞(5月30日 24面)日本経済新聞(5月30日 10面)、毎日新聞(5月30日 20面)および読売新聞(6月14日 13面)に掲載されました。

    ギニア・ニンバ山の野生チンパンジーによるカニ採集を発見 -人間にもっとも近いヒト科の類人猿では初めて-
    現在の画像 JPEG image — 105 KB

    No